承認欲求は邪魔なもの

2016-11-08 16:42

30717488492_f175cb4f5e_k

 

 

生きていると当たり前のことですが、良いことも悪いこともあります。ふと、生きていて悪いこと、嫌なことの1つはなんだろうと考えてみました。それは、自分の存在を無視されることかなと思いました。

 

生きていて邪魔なものの1つは承認欲求だと思います。人は誰しも、基本的には自分のことを一番に考えるものです。誰もが自分の存在を認めて欲しいと願っている。こうしてブログを書けば、誰かに読んでほしいと思うし、読んでもらえたなら褒めてほしいと思ってしまう。世間と関わりを持つ以上、程度の差はあれ、この感覚はついて回ります。承認欲求とはやっかいなものです。人間は群れをなして生きる社会的な生き物なので、これが満たされないとワケもなく不安になってしまうのですね。

 

承認欲求が満たされない究極の形が、存在の無視だろうなと思います。そこにいるのに、いないようにみなされてしまう。承認はおろか、存在すら認めてもらえない。それは、嫌を通り越して辛いこととなります。

 

存在の無視のわかりやすい形は、今の時代であれば、ウェブツールでのスルーだと思います。メールを送っても返信が来ない。メッセを送っても返ってこない。コメントを書いてもリアクションがない。自分の存在を軽く扱われたように感じて、怒る人もいるでしょう。もちろん僕も多少なりとも嫌な気持ちがします。

 

自分がされるだけでなく、関わっているグループで無視されている光景を見てしまうと心が荒れてしまいます。スルーした本人は悪気ないのかもしれないけど、リアクションのなかった人は「どうしてだろう」と喉に小骨が引っ掛かった感じがしていそうです。それを想像して、自分の喉にも小骨が掛かった気分になります。

 

特に何があったというわけではないですが(笑)、「承認欲求は生きる上で邪魔なものだよな」と考え始めて、つらつらとここまで書いてみました。街はそろそろ、年末感が出てきそうですね。今年もあと少し、悔いなく過ごしたいです。

 


Category:未分類

tags:



«
»