シンガポール旅行記 3-9 ここに天天海南鶏飯がある!

2016-12-16 15:19

ラッフルズ・ホテル沿いの歩道をぐるっと歩いた後、再びブギス・ストリートへ戻りました。時刻は17時頃です。

当初考えていた行きたいところだいたい回れたように思いますが、ひとつまだのところを思い出しました。昨日、通り過ぎただけで、よく街並みを見なかったチャイナ・タウンです。今日の最後は、チャイナ・タウンをブラブラして終わりにしようと思いました。

地下鉄のDowntown LineのBugis駅へ行き、Chinatown駅までの料金をスタンダードチケットへチャージします。Chinatown駅までは、Bugis駅から5駅で10分弱の移動時間です。

到着して、チャイナ・タウンの街並みへと出てみました。リトル・インディアと同じように人が多くカオスな雰囲気ですが、親しみを感じます。中国の文化には、日本にいると自然と触れていて親近感があるんですね。メインストリートから細い道へ入り、色々な風景を見て歩きました。

そうこうしているうちに陽が徐々に暮れてきました。バクテーを求めてホテルを出てから、今日もよく移動しました。19時頃とまだ早いですが、今日はこれでホテルへ戻ることにしました。確かホテルの一階にフードコートがあったはずです。夕食はそこで済ませようと思いました。

再びBugis駅に戻り、そこから歩くこと10分ばかり。宿泊しているホテルが見えてきました。部屋には戻らず、ビルの一階に併設しているフードコートに入ってみます。

6つくらいの店舗が並んでいる中、なんとチキンライスの食べられる「天天海南鶏飯」を見つけました。2日目にマックスウェル・フードセンターまでわざわざ食べに行き、店が閉まっていてショックを受けた、あの「天天海南鶏飯」です。

「マックスウェル・フードセンターまで行かずとも、ホテルの一階で食べれたのか…」またもやショックを受けましたが、人生とはそういうものですね。無駄なことを繰り返して、少しずつ、人は賢くなっていくのです。

ともかくチキンライスはもう食べたので、別の店舗で海鮮チャーハンを食べることにしました。

日本人向けに味を調整しているのか、食べ慣れたチャーハンの味がしました。食べ終わってホテルの部屋へ戻り、ネットをしばらく見た後に眠ることにしました。いよいよ明日は最終日です。(続きます)


Category:

tags: , ,



«
»