シンガポール旅行記 4-4 背を向けるホワイトタイガー

2016-12-22 1:00

 

 

 

 

シンガポール動物園の敷地内へ、早速、入ってみます。チケット売り場を見つけ近づいてみたところ、チケットの販売構成が何やら複雑です。シンガポール動物園だけではなく、夜だけ開くナイトサファリ、水辺で暮らす動物を集めたリバーサファリの計3つの施設が隣接しているのです。チケットはそれぞれ単独で入るか、二箇所セット、もしくは三箇所セットを選べるようになっています。

 

一つ一つの敷地が広大で、今の時間から三箇所すべてを回るのは厳しそうです。帰りの飛行機は夜の便なので、ナイトサファリは行けそうです。となると、ナイトサファリともう一箇所というのがベストな選択と言えます。

 

問題はシンガポール動物園にするかリバーサファリにするかですが、やはり最初は王道を選ぶに限ります。シンガポール動物園へ行くことにしました。チケットは2-in-1 Park Hopper(二つのパークへ入れるチケット)のうち、シンガポール動物園とナイトサファリがセットになったものを購入。料金は71シンガポールドル(約5,467円)です。なかなかのお値段ですね。

 

購入には、クレジットカードが使えました。なんとJCBカードの利用が可能です。どうやら日本人観光客が多く訪れるようです。ともかくチケットをもらい、ゲートインしました。入ってすぐにコインロッカーを発見。歩き回るし疲れるだろうから使おうかと思いましたが、使い方がよくわからない…。そんなに大荷物というわけではないので、担いだままで歩くことにしました。

 

平日にもかかわらず、たくさんの人が来場しています。みんなが歩く方向へ僕も進んでいきました。案内板には英語表記の他に日本語も書いてあります。その中にホワイトタイガーの文字を発見。ホワイトタイガーはこの施設の目玉の1つになっています。これは見ておかねばと歩いていくと、岩場でくつろいでいるホワイトタイガーを見つけました。背中を向けたままで残念でしたが、まあこちらの希望などホワイトタイガーにとってはどうでもいいことですね。

 

その後もカバやゾウ、キリン、サイとおなじみの動物を見ていきました。しかし歩き回るとやはり体力的に疲れてきます。途中でレストランに入って、食事を取ることにしました。

 

一つの建物にカレーやグリルなど、様々な料理の店舗が並んでいます。特に食べたいと思うものが見当たらず、ハズレが少ないだろうとカレーを食べることにしました。シンガポールのご飯とは相性が悪いようなので、ナンを注文。しかし店員さんからは、「ナンはない!」(No naan!)と大声で言われてしまいました。おそらく今日一日で何回もこのセリフを言っているのでしょう。うんざり感がその口調から出ていました。

 

店員さんの個人的な状況はともかくとして、ないものはしょうがありません。ライスをお願いすることにしました。しかし出てきたご飯がみじん切りにしたニンジンを混ぜてあり、何というか非常にユニークなお味。どうしても最後まで食べることができず、残してしまいました。ニンジンの入った炊き込みご飯は好きなんですけどね。(続きます)

 


Category:

tags: , , ,



«
»