スマホで長文を書けない理由

PCでしか書けない、スマホでも書ける

一日に文章をまったく書かない日というのはないです。こうして書いているブログもそうですし、仕事として200字程度のボディコピーから、2000字以上のテキストを書く日もあります。LineやMessengerでのやり取りもあれば、メールもあります。

今やスマートフォンは必需品なので、テキストもスマホで打ってしまえば生産性がアップします。ちょっとした待ち時間で仕事をこなせれば楽になりますよね。しかし、これら様々な文章の中で、自分にとってスマートフォンのフリック入力で書けるものと、書けないものがあるんです。具体的には以下のように分けることができます。

【PCでしか書けないもの】
ブログ、ボディコピー、雑誌などのテキスト

【スマホでも書けるもの】
メッセ、メール

こうして分けてみると、共通点が2つあることに気づきます。一つは、PCでないと書けないものは、ある程度、長さのある文章ということです。もう一つ、フリック入力でも書けるものは、送る相手が決まっているということがあります。

相手が決まっているかどうかがポイント

長い文章は内容が前後で破綻していないか、淀みなく流れているかの確認が必要です。そのため、こうして書きながらもこれまで書いたところを俯瞰しながら進めています。これがスマホの小さい画面ではうまくいきません。一度に確認できる文章がPCに比べて圧倒的に少ないので、全体の流れを確認するのが難しく感じます。これが長文をスマホで書けない理由の一つです。

出す相手が決まっているというのも、「流れの確認」に関係してきます。相手が決まっていればお互い共有している事柄がある程度あるため、それほど文章の書き方に気を使わなくて済むというのがあります(ハイコンテクスト文化)。Lineなどスタンプ一つの返信で済むのも、気心の知れた関係だからできることです。

そのため、送信する相手が決まっている場合は、文章の形式に神経質にならないためスマホで書くことができる。ブログや雑誌のように不特定多数の人が読む場合は、わかりやすく破綻ない文章を書くためにPCの画面で何度も確認しながら書く必要がある。こういった図式が自分の中で成り立っているのです。

何度かスマホでブログの文章作成をトライしてみましたが、うまくいきませんでした。これからも軽量のラップトップは出かける際の必需品になりそうです。