51日連続更新。ブログを習慣化できた理由

昨日で何気に51日間連続でブログ更新できていました。「ほぼ毎日更新」を目標にして丸2年が経ちましたが、51日というのは連続更新の新記録のように思います。しかも何かと忙しい12月を挟んでのことです。自分でもなかなかよく頑張ったなと思います。

しかし「頑張った」とは書きましたけど、実際にはそれほど大変だった感覚はありません。無理することなく習慣化することができたのだと思います。50日以上続けられると、さすがによほどのアクシデントがない限り、これからも継続できるように思います。どうしてこのようにうまく習慣化できたのか。振り返ってみたいと思います。

場所を気にせず、どこでも書くようにした

そもそものきっかけは、11月下旬に更新が滞りはじめたことでした。それまで月に20日くらい更新できていたのに、10日ぐらいと落ち込んでいたんです。考えを文章にまとめ発信するブログ書きは、自分にとって大切なもの。このままずるずると書かなくなってはいけない。そんな危機感から、アクセルを踏み直した感じです。

こう思った直後に、僕はシンガポールへ一人旅に行きました。シンガポールへもラップトップを持っていきました。現地でもブログ書きは可能です。そのため旅行中もブログ更新のためだけにカフェなどへ立ち寄るようにしていました。今考えると、これがいい感じに作用したように思います。それまでは自宅のみで書いていたのに、ラップトップ片手にどこでも場所を構わず書くようになった。これにより書くハードルを下げられました。

場所を変えることで、新鮮な気持ちで書くことができる

もう一点は、毎日、場所を変えたのがよかったです。自宅とは違う風景を前にパソコンを開くと、毎回、新鮮な気持ちで文章を書くことができます。文章を書くことがこれまで以上に楽しくなり、そうなると書きたいことが次々と出てきます。この「書きたい」という感情の波を作れたことが大きかったです。

日本へ帰ってからも、ブログは基本的に外へ出て行なうようにしています。この文章も石川県庁近くにある星乃珈琲店というところでカタカタとキーボードを叩いて文章を作っています。こうして書いた文章をすぐにアップせず、夜に見直してから公開するようにしています。そうすることで多少なりともテキストのブラッシュアップができて、自己肯定感も高まっているように感じます。

アプリが習慣化のサポートを

習慣化の最後の決め手は、アプリの力がありました。iPhoneの習慣化を助けてくれるアプリに、Good Habitsがあります。習慣化したい項目を作り、達成したらチェックを入れるというシンプルなアプリです。随分前からこれを使っていますが、ブログ連続更新が何回かを表す数字の背景が、いつの間にか爆弾マークに変わっていました。

連続30回ぐらいを超えるとこのマークに変わるんでしょうか?そのタイミングはのがしてしまいましたが、一度、爆弾マークを表示させればこれを消したくない思いが出てきます。時には夜までブログを書けずに「今日はやめとこうか」と思ったりもしましたが、「今やめると爆弾マークが消えてしまう」と思い直して書くことができました。

これを応用して良い習慣を多くしていく

どんな些細なことでも毎日継続するのは大変なことです。習慣化するためには、意志の力に頼ることなく「続けたくなる仕組み」がやはり大切だなと思いました。このやり方を他のことにも応用して、良い習慣をたくさん作っていきたいと思います。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。