フルーツジュースの習慣を始めて一年、身体に起こった変化

フルーツジュースを飲むようになって一年が経った

昨年末からジューサーを購入してフルーツジュースを作っています。毎朝、支度を整えた後、まずやることはフルーツを低速ジューサーで絞ることです。入れるものは年中手に入るオレンジ、グレープフルーツ、レモンの柑橘三種類のほか、季節によってリンゴやブドウ、イチゴを入れたりしています。

これを作るようになってから、旬の果物に敏感になりました。早朝撮影や旅行に出ていて作れない日以外、一年のうち300日くらいは続けてきている習慣です。

フルーツジュースを飲むことで何かいいことがあったか?ありました。まず便通が良くなります。ジュースを飲み終わって2、3時間すると、必ずお呼びが掛かるようになりました。以前から便秘気味ということはまったくなくて、かなり良好な方ですがさらにきちんと訪れるようになりました。出すものを出すと、やはり体調が良くなります。

後は、肌の状態が良くなったように思います。劇的に変わったというわけではないですが、飲む前よりは確実にいいです。これは便通が良好なことと関連しているかもしれません。

僕は朝に食事をしません。ジュースを飲むことで腹持ちがよくなるというメリットもありますね。お昼までフルーツジュースと珈琲しか飲みませんが、空腹になってエネルギーが持たないということはありません。

この習慣はこれからも続けていこうと思っていますが、ちょっとフルーツだけというのも飽きてきました。美味しいし体調良くなっていうことなし。でも、同じことを続けていると飽きてきます。

飽きてきたので新たにニンジンを入れることに

ということでここ一週間ばかりは、フルーツの他にニンジンを入れるようになりました。きっかけは単純で、「ジューサー 入れるもの」などで検索にかけたところ、わりとニンジンを入れている人を多く見かけたからです。美味しいし、栄養があり身体にいいとのこと。早速、試してみることにしました。

グレープフルーツとリンゴ、オレンジ、レモンに加え、ニンジンを一本入れてみます。「こんな固いものジューサーで押しつぶせるのか?」と心配しましたが、きちんとねじ込んでジュースなりました。ジューサーの力はすごいです。

できあがったばかりのジュースを飲んでみました。思った以上にニンジンが強いです。味は他のフルーツと調和して美味しいですが、一口飲んだ時にニンジンの香りがツーンと鼻にきますね。まあ飲むうちにそれも気にならなくなってきました。これからしばらくは、フルーツ+ニンジンで朝のスタートを開始することにします。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。