AirPodsとApple Watchの連携に未来を感じる

AppleWatchをタップして、AirPodsでのハンズフリー通話が可能

Appleのワイヤレスイヤホン・AirPodsを使い始めて20日ぐらいが経ちました。普通にスピーカーで音楽を聴くこともありつつ、AirPodsを耳に入れることもあります。その割合は半々くらいでしょうか。

この商品の良い部分は、なんといってもコードがないことですね。あまりに存在感がないため、たまに着けていることを忘れるくらいです。写真の現像など、それほど頭を使わないけど集中してやりたいことは、AirPodsをつけて作業しています。

今日もAirPodsを耳に入れながら写真の現像を行なっていました。するとiPhoneへ電話の着信がありました。AirPodsの音楽もストップして、着信音が響いています。このままiPhoneの通話ボタンをタップすれば、AirPodsでハンズフリー通話が可能です。

そうしようかなと思った後に、ふと腕につけているApple Watchを見てみました。Apple Watchも着信マークと掛けてきた人の名前が表示されていて、緑色のボタンにAirPodsのマークが表示されていました。そうなんです。AirPodsとApple Watchをつけている状態で着信があると、Apple Watchの通話ボタンを押せばそのままハンズフリーで話すことが可能となるのです。

当たり前と言えば当たり前のことですが、これは結構、衝撃を受けました。「腕時計のボタンを押して、イヤホンで通話を行なう。これって、すでに子どものころ描いていた未来になっているじゃないか」と。いやーすごいです、色々と。Appleの商品を身の回りに揃えていくと、感動することが多いです。

ワイヤレスゆえ、犠牲になっているのは音質

もちろんAirPodsはワイヤレスで快適な反面、犠牲になっている部分もあります。やはり音質自体はいいと思いません。有線のイヤホンに比べ、音がこもっている感じがします。それほど音の違いに敏感な方ではありませんが、音質面で感動することは今のところないです。無線で飛ばしているわけですから、情報量が少なくなるのはしょうがないところですね。

多少の不満はあるにせよ、未来感をビシビシと肌に感じるアイテムです。また驚きのある使い方を発見したら、書いてみたいと思います。