働き方に興味があるのは、一人でいるのが好きだから

2017-02-15 21:02

 

 

毎日、ネットにあふれるたくさんの記事を読んでいます。その中で自分の心に引っかかるものの多くは、「働き方」に関するものです。フリーで仕事をしていて今さら働き方も何もないんですが、引っかかってしまうのだからしょうがないです。

 

そういえば僕がどうして独立したかと言えば、やはり「自分が望む働き方をしたい」その一点につきたと思います。それはわかりやすい言葉にすれば、「自由」という一文字に凝縮されるかもしれません。

 

その日の仕事をいつはじめ、いつやめるか。どのくらいの時間を掛けるか、どのくらいの予算を掛けるか。どういう人と仕事を一緒にするか、もしくは一緒にやらないか。これらを可能な限り自分で決めたいと考えてのことでした。

 

どうして自分で決めたいのか突き詰めて考えていけば、「人付き合いが苦手だから」という理由に思い至ります。そうなんです。人付き合いが苦手なんです。人付き合いの良い人は、独立して一人で仕事することにそれほど魅力を感じないと思います。

 

一人で仕事をするのは孤独なことです。瞬く間に一日が暮れていくと、時間の感覚が少しおかしくなってくることもあります。知り合いで「一人でご飯を食べられない」という人がいますが、そういう人はまず一人きりで仕事をすることが無理でしょう。そして僕にとっては、「一人でご飯を食べられない」その気持がまったくわかりません。

 

もちろん、ずっと一人のままでいられるほど強靭な精神ではないので、仲のいい人たちとたまに食事にいったり、何時間も膝を突き合わせて話をしたりします。そういうのを必要とするのはまあ当然なこととして、それでも一人で自分の思うままに仕事をすることが何よりも好きなんです。なので僕は、働き方ということに敏感に反応してしまいます。

 

世の中には僕のように一人でいるのが好きな人も入れば、絶えず大勢の人と一緒にいないと人生におもしろみを感じない人がいます。同じ人間なのにどうしてこう、性格というのは皆、違うのか。これもまた、ネットに溢れる多くの記事を読むと思うことです。

 


Category:生活

tags:



«
»