コーヒーミルを新調しました

先日、コーヒーミルを新しく買いました。以前、使っていたものを洗っている時にシンクへ落とし蓋を割ってしまったため、やむなく新調することにしたのです。

それまでは電動のミキサー式ミルを使っていました。確か3,000円程度のものだったと思います。蓋が割れただけなので、蓋を新しくすることも考えました。しかしいい機会なのでもう少し詳しく調べてみようと、ネット上で色々なページを見てみました。

調べてわかったことは、電動のミキサー式のミルは「コーヒーを美味しく飲む」という観点で見るとあまりよろしくない道具である、ということでした。高速で回転するカッターでカットするため、どうしても大きさにムラが出ます。ムラを出さなくするため上下に振ってコーヒー豆を躍らせるわけですが、それでも均一にはなりません。

僕はなるべくカットした豆の大きさを揃えようと思い、いつも結構長い間、カッターを回していました。そうして豆を必要以上に細かくしてしまうことで、雑味も出てしまっていたようです。大きさも均一にならないし雑味も出やすい。これはちょっとだめかもなと、ミキサー式のミルはやめることにしました。

では何がいいのか。ずばりその答えは、臼式のカットミルでした。溝のある円板があり、そこを通過することでコーヒー豆が均一にカットされる仕組みです。細かくなりすぎず雑味も出ず、手動式のように余計な労力もいりません。スイッチを押せば、セットした分だけの豆が程よい大きさで切り刻まれてくるのです。

これは素晴らしい。そう思って買おうかと思いましたが、いいなと思ったカリタの電動ミルは値段が50,000円近くしました。なんと、今まで使っていたミキサー式ミルの10倍以上です。これはさすがに迷います。味が違うとはいえ、同じ用途で10倍も高いものを買う必要があるのか。

しかし迷った末に買ってみることにしました。コーヒーは毎朝、必ず飲むものです。お金の有効な使い方の鉄則。それは、毎日使うものにはきちんと資金を投入するということです。そうすることで生活が豊かになり、仕事がはかどり、自己肯定感もアップしていくのです。

そう考え直して(自分へ言い訳をして)、買ってみることにしました。到着して3日が経ち、何回か使ってみた感想は…。長くなってきたので、続きは明日書くことにします。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。