テキストエディタはUlyssesを使っています

毎日お世話になっている、テキストエディタのことを書いてみようと思います。僕にとって文章を書くことは、文字通り死活問題となっています。ライターの仕事が定期的にあるため、生産性に大きく関わってくるものなのです。

今使っているテキストエディタは、UlyssesというMac専用のソフトです。執筆を日常的に行なうマックユーザーには人気のあるエディタのようです。ジャーナリストの佐々木俊尚さんが使っていると知り、試してみたところとても使いやすかったので、そのまま活用しています。

その前はiA writerという同じくMac専用ソフトを使っていました。その前は、Jedit X。その前は、Mac純正ソフトのPagesです。

動作の面でPagesはまったくダメでした。Macにプリインストールされているソフトの割に、ものすごく重いのです。クリックしても起動するまで必ず数テンポ待たされました。シンプルなデザインで書きやすいとは思いましたが、開くたびにストレスが掛かるのはいただけません。その後、Jedit XからiA writer、そして前述したUlyssesと渡り歩きました。

エディタは使用頻度がものすごく高いため、色々と試してみたくなるんですね。その結果、Ulyssesに落ち着いたわけですが、その理由を上げてみます。

まずは動作が軽いことがあります。単純に文字を書くだけのエディタは、絶対に軽くなくてはならないと個人的に思っています。執筆は「ノリ」に左右される部分があります。「さあ書こう」と思い立ってソフトを開くと数秒、待たされてしまう。それだけで書く気が削がれてしまいます。そういう意味でマイクロソフトのWordなどもってのほかだと思っています。

次にデザインがシンプルで書きやすいのがいいですね。余計なものがなく広げれば左右の余白が十分に生まれます。書くことに集中することができるのです。

また見出しとしてマークアップしなければ文字の装飾がなされないため、別のところからコピペしてきてもフォントが変わらないのも助かります。フォントやボールドの有無、文字色など余計な情報までペーストされると、いちいち統一する手間が発生します。そういった煩わしいことからも開放されるのは助かります。

クラウドで同期されるため、Ulyssesを入れているMacであれば文章の途中から書き始めることもポイントです。

こうして並べてみると、「文章を書く」という面においてまったく不満なく使えていると再確認しました。また新しく良さげなエディタを見つけたら試してみるとは思いますが、当分はUlyssesを使い続けるように思います。