Kindle UnlimitedはKindle Cloud Readerでガシガシ読む

写真に関する本を色々と読み漁っています。一眼レフカメラで動画も撮っているため、新たに覚えた知識は写真だけでなく動画へも応用できます。どんなに初心者向けの本であっても、読んでみて何も得ることがないということはありません。パラバラと最初から最後までめくってみれば、何かしら得るものが出てきます。

流し読みするだけの本を、一冊ずつ律儀にお金を払っていては大変な出費になります。そのためAmazonのKindle Unlimitedを利用しています。Kindle Unlimitedとは何か。毎月980円を支払えば、Amazonが指定する電子書籍や雑誌が読み放題となるサービスです。

Kindle Unlimitedの対象となっている「カメラ・ビデオ」というカテゴリの書籍や雑誌は、今日現在で291冊登録されています。これだけあれば、しばらくは困らなそうです。

Kindle Unlimitedのカメラのカテゴリには、デジタルカメラマガジンが多く含まれています。これは雑誌なのでA4サイズの判型でデザインされています。そのためブックリーダーのKindleで読むと文字が小さくて見づらいんですね。27インチのiMacで見るようにしていますが、その際に便利なのがウェブ上のKindle Cloud Readerというサービスです。

該当の書籍や雑誌を「読み放題で読む」の確定ボタンを押せば、自動的にこのKindle Cloud Readerにも登録され、ダウンロードなしにすぐ読み始めることができます。27インチの画面で見れば雑誌のサイズそのままに見ることが可能です。以前まではMac用のKindleアプリを使っていましたが、こちらは本や雑誌を読む際に一旦、Mac内にダウンロードする必要があります。これが結構、時間がかかるのと、途中でダウンロードが止まってしまうことが多々あり、使わなくなっていました。

Kindle Cloud Readerであれば、クラウドにある書籍・雑誌をネット回線ですぐ読めます。ページをめくると表示されるまでほんの少しタイムラグはありますが、こちらのほうがMac用のKindleアプリより快適に感じます。

この調子でKindle Unlimitedを使い倒して、写真に関する知識を深めていきたいと思います。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。