24-70mm f2.8を動画撮影で使ってみました

昨日の予告通り、今日の動画撮影でNikon24-70mmのf2.8通しのレンズを使ってみました。結果はとても良好でした。まあお値段が高いので、良好でないと困るのですが。

何が良好だったか。それまで標準域のレンズは同じくNikonの24-120mm f4通しを使っていました。それとの比較になりますが、まずはオートフォーカスのスピードと正確さが段違いに違いました。

動画撮影の際、ピントはマニュアルフォーカスで撮っていますが、24-70 f2.8はライブビューでも速くて正確なためオートフォーカスで合わせていました。

マニュアルフォーカスで合わせる時も、ピントの山が掴みやすかったです。結果的に、f4を使っていたときよりトータルで鮮明な映像が抑えられたと思います。

後はやはり、開放がf2.8まであるというのは助かります。屋内の少し暗めの照明でも、ISOをそれほど上げずに済み、ノイズ発生を少なくできます。これもまた鮮明な映像の手助けになりました。

もう一つ、色の乗り方が違うと感じました。被写体そのものが持っている本来の色を、しっかり再現しているという感触があります。動画撮影の際はコントラストと彩度、明瞭度を落として撮影していますが、それでも色の出方は24-120mm f4を使っているときと明らかに違いました。

重量は少し重くなりましたが、使う時は一脚を装着しているためそれほど苦になりませんでした。

そうなると70-200mmの望遠域のレンズが物足りなくなってきます。今はNikonの70-200mm f4通しを使っているんです。f2.8の標準レンズを体験してしまっては、望遠もf2.8に揃えたくなってきます。すぐに買い換えるのはあまりにも大きな出費になるので控えますが、早くf2.8で揃えたい気持ちが大きいです。

やはりレンズで撮る画は変わる。改めてそう感じました。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。