Nikon D750の良いところ

現在メインで使っているカメラは、NikonのD810とD750です。この二台は買った時の価格に10万円くらいの差がありました。D810の方が10万円高いのです。性能の違いは色々とありますが、一番は画素数なのかなと思っています。D810は有効画素数が3,635万画素。対してD750は有効画素数2432万画素です。

他の目立ったところと言えば、最高シャッタースピードがD810の1/8000に対して、D750はその半分の1/4000。後はISO感度がD810が64まで落とせるのに対し、D750は100までとなっています。数字で見る限り、明らかにD750はD810よりも劣っています。

では普段の写真撮影でD810ばかり使うかと言えば、まったくそんなことはありません。自分の作品づくりの際には、むしろD750を使うほうが多いです。なぜかと言えば、一つには重量が軽いことが上げられます。D810が880グラムに対して、D750は750グラムです。130g程度ですが、少しでも軽いほうが取り回しが楽になります。

もう一つ大きな特徴は、液晶画面が可変式なことです。チルト式で上下に角度を変えられるようになっています。これがものすごく便利です。一般的な広告の撮影ではそれほど使用する機能ではないかもしれません。でもブラブラと街歩きをしてストリートスナップを撮る時には、このチルト式液晶モニターが役立ちます。

カメラを地面において下から見上げるアングルを作ったり、カメラを自分の頭より上において俯瞰の写真を撮ったりする時、上下に傾けられる液晶モニターであれば容易に構図を確認できます。このアングルの工夫はしょっちゅう行います。D810ではライブビューで液晶画面を確認しづらいです。チルト式液晶モニターの威力をすごく感じることになります。

Nikonのフルサイズ機で液晶モニターが可変式なのは、このD750だけです。こんな便利な機能がなぜ他の機種についていないのか不思議です。ともかくD810より値段が安いとは言え、D750も特徴的な機能のあるとてもよいカメラです。これで二年半くらい使っていますが、まだまだ現役で使い倒したいと思います。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。