新型MacBook Proのタッチバーの利点

新型MacBook Pro 15インチを使い始めて5ヶ月くらい経ちました。何だかんだと、毎日快適に使っています。普段のガチ仕事はデスクトップPCのiMacを使っています。でも前のめりになって仕事するのは午前中だけです。午後からPCを使うことがあれば、家にいる場合はこの新型MacBook Proを使うことになります。

このPCの良いところは2点あります。まずはCPUの性能が高いことです。ブラウザを見てもアドビのソフトを使っても、写真の現像を行なっても、何をやってもサクサクとこなしてくれます。やはりパソコンは速度が大事です。CPUの非力なPCであれば、ブラウザをスクロールするだけで引っ掛かってしまいます。ストレスを感じずにどんなことでもやれるのが良いです。

もう一つの良いところは、キーボードが打ちやすいことです。第2世代のバタフライキーボードはキーボードの感触が良く、長い文章でもサクサクと打っていくことができます。文章を書いていてすごく気持ちがいいです。このキーボードの感触だけでも、買ってよかったと思えます。

ところで新型MacBook Proといえば、従来のファンクションキーの位置がタッチバーと呼ばれる領域に変わったのが大きな変更点となっています。キーボード上部の細長い部分が液晶画面になっていて、タッチすることで様々な機能を行なうことができるのです。

実はこのタッチバー、自分にとってはそれほど有効なものではありませんでした。タッチバーを操作しようと思うと、どうしても一瞬画面から目を離すことになります。それであれば画面を見たまま操作ができるタッチパッドを使ったほうが早いと感じてしまうんですね。

でもこのタッチバーも、一つ有効な使い方があります。PCで映画を観ている時にタッチバーを指で触れると、残りの時間を確認することができるのです。タッチパッドを触って確認しようとすれば、画面に残り時間が表示されることとなり、ちょっと興ざめです。それがタッチバーでは映画の雰囲気そのままに、確認が可能となるのです。

まあそれほどものすごく助かっているというわけではありませんが、こういう利点もあるということで。まだまだこのPCは使い倒していく予定です。