自転車のサドルを上げた結果

先日、自転車のサドルを下げたらエライ疲れたという話を書きました。今日のお昼に出かけようと思い、自転車を表へ出して出発。サドルの位置は前回書いたとおり、つま先でギリギリ地面に届くくらいの高さに戻しました。

そうして走ってみたところ、まったく別の乗り物かと思うほど快適でした。ペダルを踏み込むと十分に自転車がそのパワーをとらえ、ぐんぐん前へ進んでいく感じです。すごく好調です。サドルの高さ一つでこれほど走行性能が変わるものかと感心しました。

道の途中で中学生くらいの男の子が自転車に乗っているのを見かけました。パッと見で、サドルの位置が低いとわかりました。「もう少し高くすれば、もっと速く走れるのになー」と思いながら、自分も少し前に同じくらいの高さで乗っていたので人のことは言えません。ともかく、これでまた自転車に乗るのが一層楽しくなりました。

興味が出てきたので、色々と自転車に関する記事も読み漁っています。どうやらタイヤの空気圧は、毎週チェックが必要なくらいに大切なものなようです(当たり前の話ですが)。空気入れを買っていなかったため、早速Amazonで良さげなものを見つけてポチりました。空気入れが届いたら最適な空気圧をキープして、さらに快適な自転車ライフを送ろうと思います。