自転車に乗っていて、問題が2つ発生

今日は自転車でかなり遠出をしました。と言っても住んでいるところと同じ金沢市内の香林坊・片町といった中心街です。自宅からは片道約10キロあります。往復で20キロ。最短ルートは通らずふらふら寄り道しながら走ったので、25キロぐらいは走ったと思います。

それだけの距離を走ったのは初めてのことだったので、当然のことながら疲れました。疲れるのは、まあいいんです。自転車の運転に慣れていないからしょうがない。それとは別に、問題が2つ発生しました。

一つは、一体どこを走ればいいのかということです。どういうことかというと、裏道など細い道では車道を走ります。しかし国道など大きい道路だと車道を自転車で走るのは怖く感じます。自分が車を運転している時も車道に自転車が走っていると、危ないと思ってちょっと注意して追い越しています。なので国道では車道ではなく歩道を走るようにしていました。歩道に立っている標識も、歩行者と自転車マークが書いてあります。

でも歩道というのは車道に比べて、ものすごく起伏が激しくデコボコしているんです。道路の起伏がタイヤを通してもろに伝わり、サドルに乗せているお尻が痛くなりました。これはどうすればいいんだろう。やはり車道を走るべきなのだろうか。

ロードバイクなどを運転している人は車道を走っていますが、ママチャリなんかは歩道を走っていました。僕の場合はミニベロなので、やはり歩道を走るべきなのでしょうか。悩みどころです。車を運転しながら、自転車乗りがどこを走っているのかよく観察してみたいと思います。

もう一つの問題は、チェーンにズボンが当たって真っ黒になってしまったことです。チェーンというのは絶えず金属が摩耗していますので、触れると細かな金属の屑で真っ黒になります。ママチャリのようにカバーなどついていませんから、ペダルを漕ぐたびに長ズボンの右足の内側がチェーンに当たり黒くなりました。

これを回避するには半ズボンを履くか、足にピッタリとフィットする自転車用のウェアを購入する必要があります。どちらにしても自転車用に洋服を買い足すだけで済むので、この問題はすぐに解決できそうです。

長い距離を走ると色々と問題が出てきました。何事もそんなにすんなりとうまくいきませんね。乗るたびに課題を探し、解決しながら楽しんでいきます。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。