映画は事前情報なしで観よう

またもやアマゾンプライムビデオで映画を観ました。「ビューティフル・マインド」という作品です。ノーベル賞を受賞した数学者・ジョン・ナッシュを描いた物語です。非常に素晴らしい作品でした。おすすめです。プライム会員なら無料で観れます。

今日、ブログに書きたいと思ったのは、この映画の内容についてではありません。映画の見方についてです。皆さんは観る映画を決めた後、すぐに観始めるでしょうか。それとも解説やストーリーを読みアウトラインを掴んでから観るでしょうか。

僕はといえば、基本的にほとんど情報を入れずに観始めます。例えば今日観た「ビューティフル・マインド」であれば、わかっていることはラッセル・クロウが出るということだけです。タイトルとパッケージから、ジャンルはヒューマンドラマだろうということはわかります。でもそれ以上の情報は入れません。すぐに観始めます。

なので「ビューティフル・マインド」も、ノーベル賞受賞者の話であるということが最後の最後までわかりませんでした。終盤まであまりにもハッピーエンドの予感がしないため暗い気持ちになりながら観ていました。そして最後の最後、実際にノーベル賞受賞を知った瞬間、感動で涙が「どどど」と出てきてしまいました。

そうなんです。僕は情報をまったく入れないまま映画を観るのですが、そのわけは純粋に感動を増やしたいからなんですよね。大まかなストーリーを知っていると、どうしても内容を予測しながら観てしまいます。「ビューティフル・マインド」であれば、どういうストーリーでノーベル賞受賞にいたるかを予測してしまうのです。

もちろんそれでも感動はできると思いますが、「え、こんな結末なの!?」という予想外の驚きは生まれにくいです。せっかく映画を観るのであれば、何も知らない状態で驚きながら観たいのです。

もし皆さんの中で、「映画を観る時には、事前に情報を仕入れる」という方が入れば、一度「まったく情報を仕入れずに観る」ということを試してみてください。映画を観る楽しみがもっと膨れ上がるかもしれませんよ。

Scroll to top