気分良く早起きできるようになった理由

その日のパフォーマンスを決定づける大きな要素は何か。それはずばり、睡眠です。

十分な量の睡眠をとることはもとより、質の高いものであることも重要です。

気温が高くなってきてから、ちょっと睡眠の質が落ちてきていました。朝、目を覚ましてもスッキリせず、なんとなくまだ寝足りない気がしていました。

それがここ最近は、非常によく眠れています。これまでは6時半〜7時くらいに目覚めていましたが、5時半〜6時くらいにベッドから出れるようになりました。よく眠れて、なおかつ早起きができると、一日を気分良く過ごすことができます。

なぜ、最近はよく眠れるようになったのか。僕は毎日、iPhoneのSleep Cycleというアプリで睡眠のログを取っています。

睡眠時間や快眠度、いびきをかいていればそれを録音までしてくれます。非常に優れたアプリです。

これまではこのアプリを目覚まし時計がわりにも使っていました。起きたい時間に合わせれば、その30分前から一番眠りの浅いタイミングでアラームを鳴らしてくれるのです。

眠りの浅い時に起こされれば、すぐに目覚めることができますよね。それでもアラームを止めてから、30分ぐらいは二度寝をしていました。6時にアラームを掛けておいても、結局ベッドから出るのは6時半過ぎになっていたんです。

それが先日の土曜日、たまには目覚ましを掛けずに寝てみようと、睡眠ログを取得する機能だけ起動させ、アラームを掛けずに就寝しました。

すると翌日は5時半くらいにぱちりと目が覚め、すぐにベッドから出ることができたのです。「これはたまたまだろうか」と翌日も目覚ましを掛けずに寝てみたら、今度は4時半に目覚めました。

まったく眠気がなかったのでベッドから出て、午前中をとても有意義に使うことができました。

そして今日も目覚ましなしにしてみましたが、5時に目が覚めてそこから快適な気分で一日をスタートできました。目覚ましを掛けないでおくと、自然に早起きができ快適に目覚めることができるようになったのです。

朝早く起きると、寝付きもものすごくいいです。ベッドに入った瞬間に眠りに落ちる感じです。

これは結構、良い感じだなと思って、これからは目覚ましなしで起きることにします。またよい睡眠の方法が見つかったら、ブログで書いてみます。