ブログを書き続けると人生が変わる

まわりにいる方々が、次々とブログを始めています。とても嬉しいです。何が嬉しいって、ブログはその人が何を考えているかがよくわかります。読んでいると、実際にそばで話しを聞いているような感覚になります。めったに会えないような遠くに住んでいる人であれば、ブログを読んでいるだけで会っているような気がしてくるんです。

ブログは書いているといいことがたくさんあります。僕は毎日書いてみようと思ったのが、2014年の暮れでした。そこから2年半くらいコツコツと続けているわけですが、やってよかったと心から思っています。続けていくことで得られるものはたくさんある。それらをこれから始める人は体験していくことになります。そのこともとても嬉しく感じます。

僕の場合、ブログを毎日書くことで、まずは圧倒的に文章を書くのが速くなりました。スポーツと一緒で毎日負荷をかけていくと、文章を書く筋肉がついてきます。これは仕事をする上でも良い方向へ働いていきます。

また自分の考えを文章に書くという行為を毎日続けていると、論理的に考えることが苦でなくなってきます。読んだ人がわかるように書く必要があるので、きちんと順序立てて書かなくてはなりません。理解してもらえるようにわかりやすく書く必要もあります。そして最後まで読んでもらえるように、構成や言い回しを工夫する必要があります。

ブログを毎日書き続けることで、文章を書くのが速くなり、より論理的に考えることができるようになる。そして、それらを伝える力が養われるようになる。自分の内面を見つめれば、こういった変化がありました。

もちろん対外的な面で、たくさんのアクセスが集まれば自分自身のブランディングにもなりますね。発信することのハードルが下がるので、ウェブとの接し方も主体的にできるようになると思います。

ということで続けるといいことしか思いつかないブログというメディア。この記事を読んでまだ始めていない人は、ぜひやってみてください。大げさでなく、人生が変わりますよ。