ブログの文章もゆっくり書くことを意識する

2017-06-10 22:40

 

 

昨日のスロー・リーディングに影響を受けて、文章を書くスピードも少しゆっくりにしてみています。仕事で書くテキストは勢いをつけないといつまでも終わらないのでスピードを落とせないですが、ブログのような自分のために書いている文章はもっとゆっくりとした速度で書いてみようかなと。

 

何だかんだと800以上の記事を書いてきました。その間に、色々とブログの方針みたいなものも変わってきました。毎日更新を意識して書き始めた最初の頃は、もっとハウツー的なことを書いていました。何かしら人の役に立つことを書きたいと思ったんですね。そういったことを書いたほうが、単純にプレビュー数が上がるだろうという予測もありました。

 

その後、書く時間帯を早朝から夕方、そして夜へと移行させていきました。一日の終わりに書くようにしてから、内容もその日起こったことから連想するようになりました。日記とまではいきませんが、気づいたことを取っ掛かりとした一日の締めのような文章です。

 

速くパパっと書いている時は、ブログ更新を少しノルマのように感じていました。毎日やっていることで習慣化しているから、さっさと片付けてしまおうという感じです。ここ最近、意識的に書くスピードを落としてみると、不思議なもので文章を書くのが改めて好きになってきました。ゆっくり書くことを意識すれば、どんな風に書こうかとあれこれ考えながらキーボードを打つことになります。その過程そのものが、何だか楽しいのです。

 

40歳を過ぎてからすごく残り時間を少なく感じ、何事も焦ってやる癖がついてしまっていたのかもしれません。文章を書いたり本を読んだりすることは、自分が小さい頃から好きでやっていることです。好きなことはノルマや消化にしてしまわず、やっている時間そのものをもっと楽しめるようになろうと思いました。

 


Category:執筆

tags:



«
»