連続更新が200日を越えました

そう言えば、ブログの連続更新がいつの間にか200日を越えていました。今日の更新で206日連続で書けたことになります。

何度か書いていますが、毎日更新をやってみようと思ったのは、2014年の暮れでした。それ以来、毎日書くことを基本姿勢としてやってはきましたが、だいたい20日ぐらいしか連続更新できませんでした。その理由は単純で、朝一番に書いている時は、朝に撮影が入ったら途絶えていました。夜に書いている時は、あまりにも疲れていたら更新を諦めていました。「時間が取れない」という物理的な理由をつけて、書かない日が発生していたのです。

それがどうして今回は200日も連続で書くことができたのか。単純に「ブログを書くことを完全に習慣化できた」これに尽きます。今は夜寝る前に書くようになりましたが、ブログを書かないと落ち着かなくて眠ることができないと思います。まさに寝る前の歯磨きと同じですね。どんなに疲れていても、時間がないとしても、ブログ用の文章を書いて更新ボタンを押さないことには眠ることができません。

こういう状態になったのはいつぐらいのことだったろう。おそらく、連続で30日ぐらい書けたときから習慣になったと思います。なので30日を越えてからは、ブログを書くことが苦ではなくなりました。「ネタが浮かばない」と思い悩むこともありません。習慣なので、キーボードに手を置けば(時間が掛かったとしても)必ず書くべき事柄は浮かんできます。習慣というのは、本当にすごいものです。

まあそんなに大したことを書いていないので、ここまで続けてこれたというのもありますが。この調子で300日、500日、1000日連続と自己記録を伸ばしていきたいと思います。もしこのブログをたまに訪問してくれる人がいるならば、見届けていただければ幸いです。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。