海外旅行のバックパックは、グレゴリーのスケッチ25を使用しています

何度か行っている海外旅行ですが、バックパックはグレゴリーのスケッチ25を使っています。名前の通り、サイズは25リットル。

リンク先はぼくが持っているのと同じタイプの現行モデルです。自分はこの一つ前の型を、2年前に買いました。こちらのリンク先で紹介されているのと同じになります。

背面にパソコンを収納できるのが便利

このバックパックはとても優れています。何しろメインの収納部分が大きいです。

5日くらいの旅行だと、Tシャツ5枚に下着5枚、チノパン2枚を持って行きますが、すっぽりと入り1/3くらい余裕があります(もちろん圧縮袋で小さくはしています)。

後は、前面に大小合わせて4つのポケットがあります。旅行はこまごまとした荷物があるんですよね。デジタルガジェットのコードや充電器、薬、財布など色々です。

そういったものも自分で決めたルールに応じて、各ポケットへ入れ分けることができます。

そして何と言っても助かるのが、背面部分にあるノートパソコン用のポケット。カフェなどでパソコンを出して作業をしようと思うと、このポケットを開くだけでを取り出せます。とてもスマートです。

空港の手荷物検査ではパソコンをリュックから出す必要がありますが、その時にもすぐに取り出せて便利ですね。

両手が使えるバックパックは、やはり歩き回る旅行ではとても便利に感じます。これからも心強いパートナーとして、一緒に世界を回っていきたいと思います。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。