グーグルクロームよりSafariが良いと思う点

普段、ウェブサイトを見る際のブラウザは、Safariを使っています。パソコンはMacを使っているので、Safariが標準ブラウザとしてプリインストールされています。スマホのiPhoneには、こちらもSafariが元々、入っています。

お使いの方はお分かりかと思いますが、Safariというのはそんなにサクサク動くブラウザではありません。グーグルクロームの方が断然速いです。たまにクロームを試してみると、その快適さに驚きます。

「なんだこんなに速いのか。だったらSafariやめてクロームにしよう」そんなことを思ってクロームへ乗り換え、しばらしくしてSafariに戻るというのをこれまでに何回か繰り返しています。

今朝もまた同じことをしてしまいました。クロームを気まぐれで使ってみたらすごく速いんですね。なのでSafariから乗り換えようと思ったわけです。でも毎回、乗り換えるたびに「やっぱりSafariだな」と戻ってしまう。乗り換える時は毎回Safariに戻ることを忘れてしまっているんです。

今回、使ってみて、どうしてSafariの方が自分にとって使いやすいのかがわかりました。MacでもiPhoneでもSafariの場合、ブラウザ上のテキストの部分だけをシンプルな形で表示してくれる「リーダーモード」というのがあるんです。

ブログでもニュース記事でも、大概はテキストだけでなく広告バナーやヘッダー画像など装飾がついています。フォントも小さかったり、何色も色を使っていて見づらいケースがあります。リーダーモードを使えばそれらが非表示になり、シンプルにテキストのみ映し出されるのでとても読みやすいです。

他にもiPhoneのSafariは、検索窓をタップするとブックマークの一覧が出てくるという利点もあります。iPhoneのクロームの場合は、メニューボタンをタップしてブックマークを選ばないと出てきません。これがちょっと面倒です。

後、SafariはiCloudでデータが紐づけされているので、クレジットカード情報を呼び出せるというのも便利ですね。こういったことはクロームでもできるのかもしれませんが、メインのパソコンがMacのため、やはり何をするにもSafariの方がやりやすく感じます。

ということで、今日もまたしばらくしてSafariに戻りました。これからクロームへ移りたくなった時には、ここに書いてある内容を思い出して、思い留まることにします。