腕から重低音(ウーファ)を感じる、The Bassletを買ってみた

先日、アメリカのウェブサイトから直接、買った製品があります。The Bassletという製品です。

写真の通り、腕に着けて使います。ワイヤレスで信号を送るもう一つの部品をスマートフォンのイヤフォンプラグに差し込み、それにイヤフォンを着けて音楽を鳴らすと、重低音に合わせた振動を腕に感じるという仕組みです。

これは高城剛さんのメールマガジンで、さらっと高城さんが紹介していた製品です。音楽を聴くという体験がより豊かになればと思い、早速、購入してみることにしました。

お値段は129ドル。これに転送サービスまでの送料と転送サービスの手数料が掛かり、トータルで20,000円近くしました。決して安い金額ではないですね(汗)。

商品が到着してから、家の中で音楽を聴く際にはほとんど着けて過ごしています。

重低音に合わせて振動するというとてもシンプルなコンセプトのものなのですが、着けているとやはり違います。ひねりのない感想で恐縮ですが、音楽を体で感じられるようになるんです。

「まるでライブハウスにいるよう」などと歯の浮いたことは書けませんが、これがあるかないかで音に対する「ノリ」は確かに変わります。

ということはリズム系の音楽が合うのかと言えばそんなことはなく、普通にJ-POPを聴いていてもかなり気持ち良さが上がります。

ただ、やはり着けっぱなしでずっと音楽を聴いていると、疲れてはきます。ずっと腕で振動を感じているので、ちょっとわずらわしくなってくる感じはあります。

それでもなかなか買ってよかった商品だと思います。こういうものを買うと、イヤフォンも良いものに替えたくなるんですが、まあそれはもう少し我慢します。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。