インスタグラムで重要なのは、フォロワー数 or Like数?

インスタをきちんとやり始めてから4ヶ月弱の日数が経ちました。アカウントはこちらです。投稿数でいうと、110件です。このくらい投稿するとだんだん自分の写真のテイストが定まってくるとともに、どういった写真にLikeがつきやすいかも何となくわかってきます。

インスタはフォロワー数と各投稿につくLike数で現在の立ち位置のようなものを測ることができます。このどちらを重要視するかと言えば、僕はLike数だと思っています。

というのもフォロワー数というのは、あんまりあてにならない気がするんですよね。フォローしてもらっても、あまりアクティブでないアカウントの方であれば、僕の写真を評価してのことではない気がします。また相互フォローを期待してフォローしてくれる場合もありますよね。そういった方は大概、しばらく経つと自然にフォローを外していきます。

それに比べてLike数というのは、ある程度、信頼できるような気がしています。ハッシュタグからLikeを押されることが多いのだと思いますが、短時間にいくつもの写真がアップされる中でLikeを押してくれるということは、何かしらその写真に引っかかるものがあったということです。

またフォローしてくれている人であっても、Likeを押してくれるときと押してくれないときがあります。つまり、Like数というのはある程度、写真のクオリティに比例しているように思えるのです。

これまで110の投稿をしてきて少し掴んできたことは、暗い写真と明るい写真があれば、まず間違いなくLikeのつくのは明るい写真です。明るいというのは文字通りハイキーなものです。後は色味のキレイなもの。くすんだ色の写真は味があって好きなのですが、全体のトーンがくすんでいたらあまり評価は受けません。その中に一つでも差し色を入れるか、全体に華やかな写真が受け入れられやすいです。

ただ自分の考えとしては、Likeが欲しいからとハイキーでカラフルな写真ばかり上げるのはちょっと抵抗があります。元々、そういった写真をあまり撮らないということもありますし、押しの強い写真ばかりが自分のカタログに並ぶと見ていて疲れるようにも思うんですね。

ということで自分の好きなものを撮りながら、ある程度のLike数も狙っていく。そういったところを毎日投稿しながら掴んでいきたいと思います。今の目標は、一つの投稿で100Likeです。