五行日記を3年半続けています

2017-08-08 21:52

2013年から五行日記というのをつけています。

その名の通り、その日にあった出来事のうち印象に残ったことを5つだけ書き出すというものです。この日記のポイントは、事実だけを簡単に書くという部分にあります。

5つそれぞれの出来事を詳細に書き、感想なども漏れなく記しだす、そんなことをするとすごく長い文章になります。

日記のように毎日行なうことは、負担が大きいと絶対に続きません。なので事実だけを本当に簡単に、それぞれ20文字くらいで書くだけにしています。たまに途切れる時もありますが、この4年間はだいたい続けてこれています。

この日記をどこに書いているかと言えば、Evernoteに「五行日記」というノートブックを作り、そこに一週間単位でノートを作って書いています。

一番古い日記はいつかと探してみると、2013/2/18と出ました。このときに、何かしらこれを始めてみようというきっかけがあったんですね。タスク管理「超」入門を買った、と書いてあるので、この本に影響を受けたのかもしれません(どんな本か全く覚えていませんが)。

このようにEvernoteに書いていくと検索などで探し出せるという利点があります。例えば今日は8月8日ですので、8/8というワードで検索を掛けるとその日の過去の日記がずらずらと出てきます。それらを読み返してみると、5行だけの簡単な日記とはいえ当時の記憶が蘇ってきます。

その時はもちろん一生懸命に生きているわけですが、現時点から過去を振り返ってみると「このころはまだまだだな」と思います。仕事一つとっても、ほんの一年前の自分と今とではやり方が違います。それは意識的に変えているからでもあるのですが、ほんの一年前でも今の自分とは、かなり離れているように感じます。

この距離感を感じたくて、たまに同じ日の過去の自分を振り返ります。

振り返ったときに、今の自分と変わりなく感じたら危険信号ですね。進歩が止まっている証です。幸い今のところそんな風に感じず来れていますが、進歩の足取りを止めないよう五行日記はこれからも続けていきます。


Category:生活

tags:



«
»