紙書類はEvernoteで一瞬にして探し当てる

8月末の引っ越しに向けて、着々と準備を進めています。準備の一つに、ネット回線の接続があります。引っ越したその日からネットを使えるようにしたいため、お盆明けの昨日にNTTへ電話をして手続きを済ませました。今日はプロバイダへ連絡を入れて、同じように手続を完了しました。

ところでネット接続を行なうには、NTTやプロバイダのIDとパスワードが必要となります。いま住んでいるところの回線をつなげた際に、それらが書いてある書類を送ってもらってはいますが、それを探し出すのはかなり億劫です。

これまででしたら書類の束をごそっと取り出し、自分の目で書いてある文字などを確認しながら探していたところです。しかし今はそれほど手間取らなくなりました。紙書類はすべてスキャンしてEvernoteに入れ、元の書類は処分してしまっているからです。

Evernoteの利点はスキャンした書類であっても、OCRという文字認識機能により検索可能になっているところです。僕はプレミアムサービスに加入しているため、画像もPDFデータもすべて検索の対象になります。

例えば今回は、プロバイダのIDとパスワードを調べる必要がありました。これまでは紙書類を探していたところ、Evernoteに「プロバイダ」と検索をかければ一瞬で該当する書類が出てきました。ネット回線に関しての書類も、僕はフレッツを使っているため「フレッツ」と入力すれば必要な書類が抽出されてきました。

これらに掛かる時間は、それぞれ10秒くらいです。こういった検索して抽出するという作業は、コンピュータがとても得意としていることです。コンピュータに任せられることはやってもらって、人間はなるべく楽をする。「AIが人間の仕事を奪う」という文脈で人工知能の脅威を議論していますが、AIの得意分野を発揮してもらい人間はどんどん楽していきたいですね。

ということで紙書類の保存は、「スキャンしてEvernoteに入れ、検索で抽出」が圧倒的におすすめです。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。