ニコンD850を動画撮影の性能から見てみる

開発中というアナウンスのあった、ニコンの最新一眼レフカメラD850。現行のD810の後継機とされている機種です。発売日や詳しいスペックは明かされていませんでしたが、昨日、正式に発表されました。発売日は2017年9月8日。もうすぐですね。

スペックを見る限り、「これでもか」と機能を詰め込んだハイスペック機になっています。しかも現在のところ、価格が最安ショップで36万円を切っています(価格.comより)。これらから、ニコンの本気、というよりニコンの必死さが見て取れます。D850が売れなきゃ会社的にシャレにならんといった感じです。

僕は現在、ニコンのD810を持っています。これを下取りに出せば、おそらく20万円ほどで購入することができそうです。スペックを見ながらどうしようかと考えてみましたが、動画性能の向上を見て買う方向へと傾いています。ただ手に入れるとしても発売日の初期ロットではなく、少し時間が経ってからの購入になります。今回は、動画撮影という点からD850の良いと思う部分を書いてみたいと思います。


チルト式タッチパネルモニターを採用

まず良いと思ったのは、液晶モニターがチルト式になったことです。今、動画撮影のメイン機種はニコンのD750を使っています。この機種も画面がチルト式で上下に傾くようになっています。これを一脚に乗せ撮影しているわけですが、液晶画面の可変性は動画撮影でものすごく重要です。

動画は写真のようにファインダーをのぞいて撮影をしません。背面の液晶モニターに画像を表示して行ないます。可変式のモニターは、どのようなアングルでも真正面から画像を見ることができます。ピント合わせ、構図の決定、露出の確認など、すべては画面を見ながら決定しますので、見やすい角度に調節できるかどうかは重要度が高いのです。

ピーキングが搭載され、ピント合わせが容易に

モニターの画質はD810の約122.9万ドットから、約236万ドットに向上。ちなみにD750も約122.9万ドットです。鮮明なモニター画像を得られるため、これまで以上にピントや露出の精度がアップしそうです。ピントと言えば、ピーキングが搭載されたことも嬉しい点ですね。合焦した部分を色で表示してくれるため、マニュアルフォーカスでも正確なピント合わせを簡単に行なえます。

念願のボディ内手ぶれ補正がついた

後は、念願のボディ内手ぶれ補正も助かりますね。光学手ブレ補正(VR機能)のついたニコンのレンズと併用すると、より効果を発揮するとのこと。VRの搭載されていない単焦点レンズなども、安心して動画で使用できそうです。ズームレンズに加え、被写界深度の浅い単焦点レンズを使えるとなれば、画作りの幅がグンと広がります。

画像処理エンジンは、D5と同じEXPEED 5を採用

D5に搭載されているEXPEED 5が採用されたことで、より豊かな色彩の画像を得られそうですし、ホワイトバランス設定では自然光オートというのが加わりました。文字通り自然光下の被写体を適切な色に仕上げてくれるWBです。作例を見る限り、深みのある印象的な画像を表現できそうです。

心配なのは、高感度撮影

こうして良い点ばかりをあげましたが、気がかりなのは高感度撮影時のノイズです。有効画素数はD810の3635万画素から4575万画素までアップしました。そこまで必要な撮影が果たしてあるものかと、はなはだ疑問ではありますが。それはともかく、高画素は高感度に弱いというのが通説です。これでD750程度の高感度撮影ができれば言うことなしです。

おそらく高感度撮影については、気にしている人が多いはずです。発売後にレポートがネット上に出ると思いますので、それを確認してから購入への最終的な判断をしていく予定です。D850については、また記事に書きます。