インスタグラムを4ヶ月ちょっとやってみて

インスタグラムをスタートして、130投稿を越えました。一日一枚ずつアップしていますので、4ヶ月ちょっとが経過したことになります。現状でフォロワー数が133人。一つの写真の最高Like数が68くらいです。

正直に言いますが、これは自分が描いていたイメージよりもかなり下です。3ヶ月を越える頃には、フォロワー数300人、Like数100を突破しているつもりでいました。

InstagramはSNSなので、単純に色んな人へ絡めていないのも原因の一つにあると思います。でもぶっちゃけ、知らない人の投稿にコメント残すとかものすごく苦手です。それはこれからもあんまりやらないと思います。

そういったコミュニケーションの有無よりも、単純にアップしている写真が今ひとつなのが一番の原因だろうと思います。写真の質という耳が痛い部分から、逃げずに向き合わなくてはなりません。

SNSというのは残酷なもので、結果がはっきりと数字になって現れます。投稿が100ちょっとしかなくても、やはり突き抜ける人は突き抜けますからね…。自分はそこまでの写真を出せていないということです。

かといって、流行っている写真のスタイルを追っかけてみてもしょうがありません。自分がいいと思えるものを出していかないと、テイストがブレまくってしまいます。

なので遠回りなようで近道なのは、ともかくたくさん良い写真を見まくる。自分の中にどんどん素晴らしい写真を蓄積させていく。その上でカメラを持って写真を撮りに行き、厳選してネット上へ公開していく。このことをPDCA回しながらやり続けるしかないです。

3ヶ月で300フォロワー、100Likeは達成できませんでしたが、実は1年で1000フォロワー、300Likeという目標も持っています。さらに言えば、3年で30000フォロワー、1000Likeという数字も狙っています。まあ3年後にはインスタとは別のプラットフォームを主軸にしているかもしれませんが。

ここに書いたことを未来の自分が笑顔で振り返られるよう、自分が撮りたいと思うものを追求し続けていきます。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。