タバコを吸える飲食店への提案

最近の飲食店ではほとんどタバコが吸えません。吸えるとしてもランチ中は禁煙にしていたり、カウンターは基本吸えないようなお店もあります。僕はタバコの煙がすごく苦手なので、今のこの風潮はすごく助かっています。ランチの時など、安心して色々な飲食店へ入れます。

ところが今日、入った定食屋さんは、ランチ中でもタバコを吸っていいところでした。僕が席に着いた後、次々と近所の会社に勤めているらしき会社員の方々が入ってきます。そしてすぐにタバコをくわえて、火をつけ始めしました。

「これはミスった」と思っても後の祭りです。タバコの臭いを我慢しながらご飯を高速で食べ、すぐにお店を後にしました。

僕も昔タバコを吸っていたので、休憩時間にニコチンを補給したくなる気持ちはすごくわかります。でもタバコをやめてしまうと、その臭いにすごく敏感になります。とても不快な気分になってしまうんですよね。これは何でなんでしょうか。

ともかくタバコを吸っていい飲食店は、近寄らないようにしたいです。今日入ったお店も、もう行かないことにします。

いつも思うんですが、飲食店でタバコを許可しているお店は「タバコ吸えます」と入り口に張り紙するなりして欲しいです。タバコを吸える店は本当に少なくなりましたから、愛煙家の人は「これは助かる」とばかりに押しかけると思います。

逆に嫌煙家の人は、事前に察知できます。張り紙を見て、「ここはやめておこう」と煙を回避することができますよね。お店にとっても、「タバコの吸える店」として愛煙家の評判になりそうです。

「タバコ吸えます」の張り紙は、愛煙家も嫌煙家もお店も三方良しのアイデアだと思います。タバコを吸っていいお店の皆さん、ご検討いただければ幸いです。