ベトナム一人旅 一日目

今日の14時半ごろ、ベトナムに到着しました。時系列に沿って、ざっと流れを書いておきたいと思います。

目覚めたのは7時頃。前日に空港入りして、関西空港に併設されているファースキャビンというカプセルホテルに泊まりました。支度を済ませ、ベトナム航空のカウンターでチェックインしたのが9時半頃です。

手荷物検査のゲートへ行くと、いつもより心なしか厳重でした。ボディチェックをされたのは初めてのことでしたね。その後、出国手続きを終えて、飛行機へ乗り込んだのが10時頃。10時半出発の便でしたが、実際に離陸したのは11時近くになってからでした。

これまでピーチやジェットスターなどLCCばかり乗っていたので、機内食が出ることに感動してしまいました。前の座席の背もたれに液晶画面があり、映画も観ることができました。やはりLCCに比べればかなり快適です。

映画一本と本二冊を読み終える頃にベトナムのホーチミンへ到着。ベトナムは入国カード記入の必要がなく、入国ゲートでパスポート提示するだけで入ることができました。これはかなり楽ちんでした。

いつものようにまずはATMへ行き、クレジットカードの海外キャッシングを利用して現地通貨を手に入れます。どのくらい必要かわかりませんが、ベトナムはかなり物価が安いそうです。とりあえず日本円で10,000円ほど、2,000,000VNDを手に入れました。

その足で現地のSIMカードを購入。一週間3.5GBのインターネット限定プランにしました。通話はどう考えても必要ありません。お値段は日本円で1,000円ほど。

空港から一歩外へ出ると、タクシーの呼び込みがわんさかといます。タイでぼったくられて以来、アジアではタクシーにあんまり乗りたくない感じがしています。タクシーは一切無視をして、現地のバスに乗ってみることにしました。値段も相当安いはずです。

GoogleMapを頼りにバスターミナルを探しましたが、例によって迷いました。バス停には着くのですが、「ここにお目当てのバスは到着するのだろうか」と不安になってくるんですよね。地元の人へ尋ねながら、結局、2キロほど余計に歩いてようやくホテル近くまで行くバスに乗ることができました。

降りた時の料金は、20,000VND。桁が多くてわけがわかりませんが、日本円で100円ほどです。お安いですねー。やはりタクシーよりも電車・バスを活用したいです。

ホテルへチェックインした後、夜になってから市場へと行ってみることにしました。アジアの夜の市場は、夏のお祭りのような感じです。通りに大人も子どももたくさんいて、暑い中で夕涼みをしています。

適当な店で早速、フォーを食べました。コクがあって美味でした。フォーの麺はお米が原料です。柔らかい麺を想像していましたが、きちんと腰があって麺自体に味があります。現地通貨とSIMカードを手に入れ、さらに食事が身体に合えば、もはや不安材料はなくなります。初日にして、「これはベトナムに住めるな」と思いましたね。

明日からは写真をたくさん撮りながら、めぼしい観光地を回っていきます。


中判フィルムの美しさに心打たれ、伯父さんの遺品ハッセルブラッドで写真を撮るように。年に数回、海外へ一人で行き、フィルム写真と旅行記を発信しています。