ベトナム一人旅 二日目

ベトナム2日目が終わりました。例によって一日の流れを書いておきます。

目覚めたのは朝6時でした。身支度を整えて、朝食が用意されているセカンドフロアへ。欧米人やインド系、中国系など様々な国の人がいます。食事自体はそれほど特徴のあるものではなかったです。ビュッフェ形式の朝食は、食べすぎてしまうのが玉にキズです。

食べ終わってから自分の部屋へ戻り、ネットを見ていました。まだ時刻は7時半ぐらい。早くから出掛けるとバテてしまうので、昼近くまで部屋にいるつもりでした。

一本、執筆の依頼メールが届きました。あいにく電話取材が必要な案件で、「ベトナムから日本へ電話取材は厳しい…」と断念しました。(夜になってから、同じ編集者さんから別の仕事を発注されました。そちらは納期があるので大丈夫。お引き受けしました)

そうしているうちに、時刻は10時半くらい。コーヒーを飲みたくなったので、外へ出かけることにしました。ホテル近くのコーヒーショップへ入りラテを注文。ここのラテは美味しかったです。まあ美味しいだけあり、日本円で400円ばかりとベトナムの物価からするとお高かったです。

そのまま市民劇場前を通り過ぎ、最初の目的地のサイゴン大教会へ。工事中らしく中へは入れず。夜はライトアップするようなので、その頃を見計らってもう一度来るかもしれません。

サイゴン教会の隣にレトロな建物があり、調べてみるとサイゴン中央郵便局とのこと。観光地の1つになっているらしく、いかにも観光客な感じの人々が中へ入っていきます。それにつられて内部を見学。お土産物も充実していました。

見終わった後はベトナム戦争の資料を展示してある、戦争証跡博物館へ行こうと思いました。歩くと15分くらいで着けそうですが、とりあえずタクシーを選択。マレーシア滞在時にダウンロードしたGrabという配車アプリを利用して、呼んでみることにしました。

しばらく待ちましたが来そうな気配がなかったのでキャンセルをし、もう一度Grabを使って今度はバイクを呼んでみることにしました。これが大正解。すぐに目の前に来てくれて、無事、戦争証跡博物館へ着くことができました。

戦争証跡博物館を1時間以上掛けてじっくり見た後は、足の疲れを取るためにマッサージへ行くことにします。またもやGrabでバイクを呼び、あらかじめ調べてあったマッサージ店へ直行。渡航する先々でマッサージを受けてきましたが、当たった人が良かったのか今回の施術が一番気持ちよかったです。

マッサージ後にはカフェへ入り、またもやコーヒーを飲んでくつろいだ後、滞在しているホテル近くのサイゴン・スカイデッキへ。地上49階の高さからホーチミンの街並みを見下ろせる絶景スポットです。あいにく雨が降っていて窓に水滴がたくさんついていましたが、ホーチミンの夜景を十分楽しめました。水滴が目立たないよう写真を撮るのは苦労しましたが…。

その後、街をブラブラして目についたベトナム料理店へ入り夕食です。食べ終わった後はホテルへ戻り、このブログを書いているという感じになります。

こうして振り返ってみると、今日一日で結構な数の観光地を回れましたね。移動の多くをバイクで行っているので、それほど足は疲れていません。

明日はメコン川クルーズ、水上人形劇、タンディン教会などを見て回る予定です。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。