ベトナムでの移動は、Grabバイクがかなり快適

旅に移動はつきものです。今回のベトナム旅行ではGrabという配車アプリにかなりお世話になりました。ベトナムは市内に電車が走っていないため、移動は徒歩かタクシー、バス、バイクなどになります。日中は気温や湿度が高いです。歩いてばかりいると簡単に熱中症になりそうです。そのため移動手段のメインは車になるかと思います。

ここで強くお勧めしたいのが、このGrabというアプリです。iOSでもアンドロイドでも無料でダウンロードが可能です。これがあると簡単に車やバイクを呼ぶことができ、しかも決済が手軽です。

アジアでタクシーなどを利用する際、何が心配かというと、メーターを上げずに走行して規定価格より高く料金を取ろうとするドライバーがいることなんです。日本のタクシーではあり得ないことなので、日本人は戸惑うと思います。僕はタイへ旅行した時、最初に乗ったタクシーに盛大にぼったくられました。以来、タクシーを使わず電車やバスばかり利用するようになりました。

しかし前述のように、ベトナムではホーチミン市内に電車が走っていません。そこでマレーシアで一度だけ使ったことのあるGrabを利用しようと思ったわけです。

Grabの使い方はとても簡単

このアプリの利用方法は簡単です。初めて使う時は新規会員登録をする必要があります。フェイスブックなどでSNS認証が手軽です。そのまま現金決済で使うことができますが、クレジットカードを登録するとより移動のストレスが低くなります。クレジットカード登録は右上の「G」というボタンをタップすると、登録を行なうことができます。

使い方を説明します。アプリを起動するとマップが現れます。上方のテキストボックスに、自分の現在位置と空欄があります。その空欄部分に行きたい場所を入力します。入力は日本語で構いません。候補が英語表記でズラッと一覧表示されるので、行きたい場所をタップしましょう。

タップすると次は乗っていく車を選びます。標準のタクシーとデラックスなタクシー、シェアライドするタクシー、バイクなどが候補に現れ、自分をピックアップするまでに掛かる時間と料金が表示されます。

この料金表示というのがミソです。アジアでタクシーに載ると、「ボラれるんじゃないか」と不安がつきまといます。かといって値段交渉するのはかなり面倒。しかしGrabであれば、事前に料金が出てくるので安心なんですね。しかもクレジットカードを登録しておけば、代金受け渡しの手間さえ発生しません。

料金が安く手軽に呼べるバイクがオススメ

ベトナムの移動であれば、バイクをオススメしておきます。なぜかというと、まずは到着するまでの時間が速いです。おそろしい数のGrabバイクが街なかを走っていますので、自分のいる場所まですぐに駆けつけてくれます。

またバイクの場合、ドライバーは緑色のGrabのジャンパーを着ているので、ピックアップに来たドライバーを割りと簡単に発見することができます。

そして何と言っても街なかをバイクの後部座席にまたがって走るのは気持ちがいい。日本にいてバイクに乗る機会ってそうそうないと思います。少なくとも僕は、これまでの人生でもほとんど経験がありません。海外へ来てバイクに乗って頬に風を受ける。これだけで、ものすごい開放感を体験できます。

移動ストレスも低くなるがコストも圧倒的に安い

結局、ベトナムに滞在したのは丸3日だったわけですが、おそらく10回ぐらいはGrabでバイクを呼んだと思います。何しろ値段が安い。数キロ程度なら、12,000ドンで行ってくれます。日本円で60円です。10回乗ったところで1,000円いきません。暑い中を歩き回るくらいなら、スマホからGrabを呼んで快適に移動しましょう。

利用するのは所詮、人間。多少のトラブルも体験

最終日に空港までの道もGrabを利用しました。その時はバイクではなく車を呼んだのですが、空港について下り際にキャッシュを要求されました。「クレジットカードで支払ってるのにおかしいな」と思いそのようにドライバーに言うと、少し問答があった後、僕のスマホ画面に手を伸ばし、自分の評価を5つ星にしていました。

「ナンノコッチャ」と思いながら車から降りたのですが、要はチップを欲しがっていたんですね。でも僕が抵抗したので(本当は理解していなかったのですが)、チップを要求したことで低評価をつけられないよう自分で高評価にしたという感じだったようです。まあ優れたアプリであっても所詮、使うのは人間です。色々とイレギュラーなことは起こります。


移動のストレスとコストの低減という面で、Grabはとても良いアプリです。ベトナムをはじめ東南アジアへ行く際は、Grabのダウンロードから旅を始めましょう。


中判フィルムの美しさに心打たれ、伯父さんの遺品ハッセルブラッドで写真を撮るように。年に数回、海外へ一人で行き、フィルム写真と旅行記を発信しています。