海外旅行では、安心を買うためランクの高いホテルに泊まる

今回のベトナム旅行では、グランドホテルサイゴンというホテルに3泊、宿泊しました。こちらは現地の5つ星ホテルで、一泊日本円で8,000円ぐらいしました。値段的には日本のビジネスホテルと同じくらいですが、クラシカルな造りで重厚感と高級感を併せ持った格式ある良いホテルでした。

働いているスタッフも非常にフレンドリー。朝、行き違うと“Good morning, sir.”と笑顔で挨拶してくれます。一日を気持ちよくスタートすることができました。

海外へ旅に出るとなると、色々と決めることが出てきます。まずは日程がありますね。飛行機で行くとしたら、直行便にするのか乗り継ぎで行くのか。エコノミーかビジネスか。宿のランクはどうする。食事にはどのくらいお金を掛けるか。などなど、組み合わせによって旅の快適度も変わってきます。

僕の場合は、色々な選択肢の中でホテルだけは良いものにしようと決めています。もちろん今はアジアばかり回っているので、ランクの良いホテルを安価に泊まることができるというのもあります。飛行機や食事に掛けるお金を下げてでも、予算の範囲内でグレードの高いホテルをあえて選択しています。

その理由は何か。要はきちんとしたホテルに泊まることで、「安心」を買っているんですね。滞在中は部屋の中の金庫にパスポートや日本のお金、パソコンなどを入れ、残りの着替えやなんやかやは部屋に置いたまま外へ出掛けていました。東南アジアの暑い気候の中を歩くわけですから、観光時の荷物は少ないほうがいいに決まっています。

しかしランクの低い宿に泊まった場合、このように部屋へ置きっぱなしでは不安です。部屋に金庫があったとしても、ホテルの従業員は開けることが可能です。荷物を置きっぱなしにして部屋へ戻ると、「パソコンがなくなっている!」。そんなシャレにならない事態が発生するかもしれません。

もちろんランクの高いホテルへ泊まったからといって、100%安心というわけではありません。それでも不安感はかなり低減されます。

何度も海外を旅してきて実感するのは、移動する際の最大のボトルネックは「荷物」だということです。移動に車やバイクを使ったとしても、やはり歩くことは多くなります。その度に重い荷物を背負っていくとゲンナリしてしまいます。良いホテルであればこのボトルネックが解消されるんですね。

アジアなど物価の安い国へ旅行をする際は、少し贅沢をしてランクの高いホテルに泊まってみてはいかがでしょうか。旅行の快適さが段違いに変わってきますよ。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。