2年半使い続けた、Kindle Voyageの魅力

テクノロジーの進化は速いです。使っているガジェットの寿命も短くなりがちです。そんな中でもKindle Voyageは割りと長い間、使っています。買ったのは2015年3月。2年半使用していて、別の機種に変える予定はありません。とても気に入っています。

Kindle Voyageの何がいいのか。やはり本を読むのに適しているデバイスだと感じます。ディスプレイに印字されている文字にデジタルっぽさがなく、読んでいて目が疲れません。製品自体の重量も188グラムとスマホとほとんど変わりません。ディスプレイの大きさも、一般的な単行本と同じくらいのサイズです。片手に持って活字を目で追っていると、紙の本を読んでいるのと同じような感覚になります。

Kindle版の書籍は専用端末でなくとも、iPhoneでもパソコンでも読むことができます。特にスマホはいつも持ち歩いていますから、わざわざKindle Voyageを持って出かける必要はないのです。それでもどこかに行くときは基本的にKindle Voyageもカバンの中へ忍ばせます。

ちなみにKindleを買う時に、Wi-FiのみかWi-Fi+3Gのどちらにするか迷うケースがあると思います。僕の経験から言えば、3Gが付いていたほうが絶対に良いです。なぜなら外出先でダウンロードしたい時は必ずあるし、他の端末で途中まで読んだ場合でも3Gがついていれば外で開いた時も自動的に読みかけのページまで同期してくれるからです。

余計な機能を持たせず、「本を読むだけ」に特化しているのも良いですね。通知などに気を取られることなく、集中して本が読めます。多少電池持ちが悪くなってきましたが、壊れる気配はまったくないです。まだまだ使い続けていきます。