AirPodsのフックを新しくして、使用頻度がアップ

家にいる時、ほとんどAirPodsを耳につけています。AirPodsとは、Appleが去年の11月に発売したブルートゥースのワイヤレスイヤホンです。

自分は耳にきちんとフィットしないので、そのままAirPodsを耳に入れると滑り落ちてしまいます。そのためこれまではEarhoox 2.0というフックをそれぞれのイヤホンに付けていました。でもこのフックはシリコンがちょっと固くて、耳が痛くなっていたんです。

それもあってAirPodsを着けなくなっていたんですが、新たにairringsという製品を試してみることにしました。Earhoox 2.0のように耳の内側へシリコンを入れて固定するタイプではなく、耳の外側へ引っ掛けて落ちないようにする仕組みです。

これが結構、良かったです。耳が痛くなることもなく、少し不安定ではありますがそれなりに固定されます。普通に使っている分には、落ちることはないです。

疲れないので、そのまま耳に着けていても忘れてしまうくらいです。音が鳴っていると、イヤホンではなく部屋のスピーカーからだと思ってしまうのです。この商品を使うようになってから、AirPodsの使用頻度が急増しました。

ただシリコンの簡素な作りの割に、お値段が3,000円近くと高いんですよね。少し値は張りますが、AirPodsが合わない方は試してみてはいかがでしょうか。