なぜニコンD850を買う気が起こらないか

インスタや自社サイトへの掲載など、普段の作品作りはFUJIFILMのX-T20を使っています。一方、通常のカメラマンとしての仕事には、ニコンを使用しています。写真も動画もです。その理由は、もう十年近く使っているので操作に慣れきっているというのと、メカとしての信頼性が高いからです。

ニコンとFUJIFILM。この2つのメーカーを比べた場合、操作性と信頼性の二点においては、現状でニコンに軍配が上がります。そんなに過酷な環境で撮影するわけではないですが、単純に雨が降っている時の野外撮影でもニコンなら機械の不備は起こらないだろうという安心感があります。そこはやはり、何年も業界トップとして走り続けてきた設計上の資産があると感じます。

ここから本題です。ニコンの使っている機種はD810とD750です。D810には先日発売された後継機D850があります。ネット上での評判を見る限り、かなり良いようです。D810に強い不満があるわけではないですが、よりレベルの高い画作りを求めるなら、D850へスイッチしたほうが良いです。しかし買い換えようという気があんまり起こりません。なぜだろうと考えてみたところ、その理由がわかりました。

先日、ソニーが新しいミラーレス一眼・α7R Ⅲを発表しましたね。スペックを見る限り、ニコンのD850を意識したものになっています。性能上の違いは置いておき、この2つを比べた時の一番の違いは重量です。D850は本体のみで約915g。かたやα7R Ⅲは、572gしかありません。ほぼ変わらない性能差で、ミラーレス機のほうが1/3以上軽いのです。

写真でも動画でも、撮影において軽さは正義です。どれだけ高性能のカメラでも、重ければ重いほど時間が経つごとに疲れて集中力が続かなくなってきます。

何度かD850を検討してみましたが、結局はこの重量が気にかかるんですよね。1キロ近いカメラを今の時代に新たに購入するのはいかがなものか。趣味としてならいいんですが、仕事で使う限り道具は投資です。時代にフィットしていない1キロ近いカメラは、購入のモチベーションが起こらないのです。

といって今からソニーのミラーレスへ全面移行するということはありません。使っているカメラメーカーを完全に移行するなら、色合いが好みのFUJIFILMになります。でもFUJIFILMのカメラは、ニコンに比べて操作性に難がある。メカとしての信頼性もニコンのほうが上。こんな袋小路に入り込み、結局、D850を購入せず現状のままでいくという道を、消極的な理由で選んでいるわけです。