Macで電話をかけるのがいい感じです

最近、デスクに座って仕事することが少なくなりました。住んでいる家が古くて寒いのです。電気ひざ掛けを足に巻いてソファに座り、両膝の上にMacBook Proを置いて仕事するのが、通常スタイルになりつつあります。

そうして仕事をしていると、たまに電話が掛かってきます。iPhoneで受けてもいいのですが、Macで電話を取ることもできるんですよね。MacBook Proに両手を置いたまま、Touch Barに表示されている「応答」ボタンを押すとそのままハンズフリーで通話することが可能なのです。

iPhoneを持っている人であれば、Macから電話を掛けることも可能です。FaceTimeを起動して通話先を選びます。サイドバー上の「オーディオ」ボタンを押して掛けたい相手を選べば話すことができます。

Macで電話することの利点は、作業している手を休めなくていいことです。単純作業をしているときであれば、話しながら作業できます。話題に上ったことをウェブサイトで調べ、その結果を相手に伝えることもできます。結構、メリットがたくさんあることに気づきました。

特にデザイナーと電話で打ち合わせする時には、MacBook Proでの通話というのが良い感じです。お互い作業しながらの通話になるので、リラックスして話ができるんですよね。

Macで通話を行う条件は、iOSがiOS8以上、またiPhoneとMacが同じWi-Fiに繋がっている必要があります。Macで普通に両手を使ったまま通話をしていると、すぐそばに相手がいて対話しているような感じにもなりますよ。iPhoneとMacをお持ちの方は、ぜひ試してみてください。