睡眠の準備は、その日の朝から

今日は朝から撮影でした。起床時刻は朝の5時半です。それくらい早く起きて、なおかつ朝から夜まで撮影です。体力がかなり消耗するため、ともかく睡眠時間を確保するのが大切になってきます。

質の高い睡眠は、その日の朝から勝負がはじまります。といっても大した話ではないです。いつも朝一杯、昼一杯飲んでいるコーヒーを、朝一杯だけにしました。後はいつものように街をぐるっと回って写真を撮っていました。

歩いた歩数は一日で10,000歩ほど。そのくらい歩いてカフェインも摂らずにいれば、夜には眠くて眠くてしょうがなくなります。22時半ぐらいに眠気のピークが来たので、寝支度をしてベッドに入りました。23時には完全に熟睡です。そのまま翌日の5時半までぐっすり眠りました。

6時間半しか寝てないので少し眠気が残りましたが、体力的には最後まで持ちました。やはり睡眠は大事です。翌日に早起きする必要がある場合は、こんな感じで朝から夜の睡眠を意識して行動すると良い結果が出ます。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。