ジャカルタのおすすめ観光地「イスティクラル・モスク」

インドネシア旅行での最初の観光地として、イスティクラル・モスクへ訪れました。ここはインドネシアの観光地としてはかなりメジャーなところです。インドネシアは国民の9割近くがイスラム教徒です。国民の総数は2億五千人。その9割ですから、何しろ大変な数の人がムスリム(イスラム教徒)なわけです。

イスティクラル・モスクは世界最大級と言われるモスクです。ホテルからGrabでバイクを呼び、後部座席に乗って現地へと向かいました。遠くからでも巨大なモスク(礼拝堂)を確認することができました。

外門から敷地へ入ると、ビニール袋を持った子どもが近づいてきます。そして何やら必死に話しかけてきます。どうやらモスクの中へ入るには靴を脱ぐ必要があるらしく、靴入れとしてビニール袋を売りたいようなのです。別に買ってもいいんですが、あいにくインドネシアに着いたばかりで小銭の持ち合わせはなし。この子がお釣りなどくれるはずはないでしょう。お金を多く与えすぎるのは良くないので、申し訳ないですが断ることにしました。

入り口には受付の男の人がいて、早速、靴を脱ぐよう指示されます。そのまま靴を片手に中へ入ると、再び受付がありました。男性が一人と女性が二人、椅子に座っています。三人とも僕に手招きするので、近づいてみました。

名簿のようなものが机の上にあり、そこへ記入するよう求められます。国名や名前、宗教などの記入欄がありました。書き終わると20歳ぐらいの女性が立ち上がり、付いてくるように言ってきます。鍵付きの小部屋の中へ招かれ、ロッカーの中へ靴を置いておくよう指示されました。

よくわからないまま女性に連れられて階段を上ると、その道中でずっと英語で何やら話しています。どうやらモスクについての説明をしてくれているようでした。あいにく自分のリスニング能力が乏しくてあまり理解できませんでしたが、インドネシアと建物の歴史を話してくれているようです。

そのまま彼女に連れられて、礼拝堂へと到着。二階から見下ろす形で、広大な敷地面積のモスクに出会いました。中には祈りを捧げている方が数十人います。ガイドの彼女はモスクについての説明を英語でしてくれました。「収容人数は何人か」「下は男性と女性のエリアに分かれている」「ムスリムは一日に5回のお祈りをする」などなど。

試しに、「僕は礼拝堂へ入ることができますか」と尋ねました。「入れるのはムスリムだけです」とあっさり断られました。なるほど。日本のお寺とか寺院は、宗教に関係なく入れそうですけどね。

そこから階段を降りて別の場所へと移動します。お昼時ということもあってか、階段や廊下などには寝ている人がたくさんいました。広大なモスクには涼しい風が入ってきています。寝心地が良さそうです。試しに、「僕もここで寝ることはできますか」と尋ねました。「眠いんですか?」と笑いながら聞かれた後、「寝ていいのは、ムスリムだけです」と言われました。なかなか厳格です。

階段下には、これまた広大な広場がありました。ここに何百人というムスリムが集まり、祈りを捧げるのです。広場は男性側と女性側にきっちり分かれているとのこと。疑問に思ったので、「どうして男女でエリアが分けられているのですか」と尋ねました。日本の感覚で言えば、性別で場所を分けられるのはやはり違和感があります。

彼女の答えは、「触れ合わないようにするため」とのことでした。「なぜ触れ合ってはいけないのですか」と質問を重ねようかと思いましたが、「ダメなものはダメなのです」と原理的な返事しかこないだろうとやめておきました。まあ宗教上の決まりというのはそういうものです。

やはりガイドさんが隣りにいると、色々と聞いてみたくなります。「どうして靴を脱ぐ必要があるのですか」と尋ねました。「床を汚さないためです」との回答でした。なるほど、確かに大理石の床はきれいでした。寝転びたくなる気持ちもわかります。

そんな感じで20分ほどの案内は終わり、靴を受け取ってお別れとなりました。てっきり案内料が掛かると思いましたが、「フリーですよ」と言われて驚きました。おそらく国が彼女たちの費用を負担して、外国人観光客へ無料ガイドを行なっているんですね。「無料とは素晴らしいですね」と話すと、笑ってくれました。巨大なモスクはもちろん、彼女の笑顔も印象に残りました。