ジャカルタのおすすめコーヒーショップ「Giyanti Coffee Roastery」

ジャカルタの滞在中に何箇所かコーヒーショップへ行きました。それは単純にラテが好きだからなんですが、中でも一番美味しいと思ったのはGiyanti Coffee Roasteryでした。

場所はFlea Market at Jalan Surabayaという骨董通りの真向かいにあります。

場所はちょっとわかりづらい。店舗は道路沿いに建っていません。

グーグルマップを見ながら歩いていくと、料理店に挟まれる形で建物があります。その左手に通路があります。奥へ進んでいくとテラスへ抜けることができ、突き当りのポップな雰囲気の建物がGiyanti Coffee Roasteryになります。

店舗へ入りラテを注文すると、店員さんから色々と聞かれました。「ストロング?ミディアム?」と言ったことを聞かれたので、エスプレッソの風味のことだと推測(まあそれしか考えられないわけですが)。「ミディアム」と答えました。

改めてなんのことだったのだろうと調べてみたら、こちらの記事にそのことが書いてありました。

【スナンスナン】コーヒーしかない専門店 スラバヤ通りのギヤンティ (2016年04月15日)

こちらの記事には、ピッコロという飲み物について「注文の際にはライトかミディアム、ストロングの3種を選べ、エスプレッソの量で調節してくれる。」と書いてあります。おそらくラテについても同じことを聞いているのでしょう。

レジを済ませると番号札を持たされます。これを持って席に着いていれば、飲み物が運ばれてきます。

レジのフロアを見回したところ、ボックス席はほぼ満席。テラスは喫煙できるスペースのようなので、そこは遠慮しておきました。

ひょっとしたら向かいの建物にも入れるのかもしれませんが、とりあえずレジの近くにある狭いカウンターに腰掛けました。

待つこと5分ほどでラテが到着しました。運んでくれたスタッフから「日本人ですか?」と英語で聞かれました。「そうです」と答えると、「どうもありがとう」と日本語で話してくれました。

スタッフの皆さんはとてもフレンドリーで良い感じでしたよ。

肝心のラテは、ジャカルタで飲んだ中で一番美味しかったです。エスプレッソにキレとコクがあり、コーヒーの香りが口の中に広がりました。「ああ、美味しい」知らずにこの言葉が出ていましたね。

これでミディアムであれば、ストロングはどんな感じなんでしょう。ここのラテを飲んだあとは、他のカフェのラテはぼんやりとした味に思えました。

地理的にはグランドインドネシアから2.5キロといったところ。目の前に骨董通りもあることですし、ジャカルタへ行った際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。