LANケーブルの交換で、Wi-Fiの速度が大幅にアップ

Wi-Fiの速度をもっと速くできないかと、色々と調べていました。すると「LANケーブルを替えると劇的に速くなった」という記事を見つけました。それまでLANケーブルなんて一種類しかないと思っていましたが、規格があるんですね。

興味を持って調べてみると、LANケーブルにはカテゴリ4〜カテゴリ7まで存在することが判明。詳しくは以下のサイトなどを見ていただければと思いますが、

インターネット光回線1Gbpsを活かす!LANケーブルの種類と選び方

要は、数字が大きくなるほど、高性能になるわけです。実際に家のモデムとルーターをつないでいる規格を調べてみたら、カテゴリ5eと書いてありました。これでも最大で1Gbpsの速度に対応しているようなので、問題はないと思います。

でも試しに、カテゴリ6にしてみようかと思いました。アマゾンを調べてみたところ、500円ちょっとでカテゴリ6eのケーブルを発見。「あわせ買い対象商品」というのがいただけませんが、ほしいものリストに入れてある商品をピックアップして購入してみました。

翌日に商品は届いて、早速ケーブルを替えてみます。替える直前に速度を測ってみたら、下りが約158Mbps、上りが約120Mbpsでした。まあこれでも十分といえば十分ですね。さて交換後に再び測ってみたところ、なんと下りも上りも10Mbps程度しか出ません。ちょっとわけがわからなくて、ルータを再起動したりコードを抜いたり挿し直したりしました。

いじっているうちに、徐々にまともな速度が出るようになりました。最初の低速度はなんだったのでしょうか。慣らし運転?

ともかくその調子で何度か速度計測をしていると、下り約160Mbps、上り約200 Mbpsという数字を叩き出しました。下りがちょびっとだけ向上、上りが大幅にスピードアップしました。

「これは良かった。替えた甲斐があった」とその日は終わり。翌日(今日)もまた何度か計測してみたところ、なんだか速度がぐんぐん上がっています。最高は下り約180 Mbps、上り約250Mbpsでした。250Mbpsってすごいですね。写真でも動画でも一瞬でアップロードできそうです。

500円ちょっとの投資で、十分満足のいく結果を得られました。これだけでも十分ですが、また何かしら速度アップの方法がないか探してみようと思います。