AirMacエクストリームは、5GHzを使うのに設定が必要

Wi-Fiには2種類の無線電波帯域があります。2.4GHzと5GHzです。2.4GHzはルーター以外に、電子レンジやコードレスフォンなどの電波にも使われています。なので混雑したり不安定になったりすると言われています。それに引き換え5GHzは、ルーター以外では使われていません。なので電波干渉が少なく、安定していると言われています。

参考
【Wi-Fiルーター】2.4GHzと5GHzの違いについて

この2つのどちらがいいかは、使っているネット環境によります。一見すると5GHzの方が良さそうですが、2GHzの方が障害物には強いんですね。ルーターから別の部屋へ壁や家具をまたいで使う場合は、2GHzの方がつながりやすいケースもあります。

自分の環境の場合は、基本的にスマホやパソコンを使うのはルーターのある部屋になります。なので障害物というのがほとんどなく、5GHzを選択した方がつながりやすいのです。

自分はアップル社のAirMacエクストリームというルーターを使っています。ほとんどアップル製品なので、ルーターも合わせたほうが使いやすいと思い購入しました。それでこれまでは特に設定せずとも、放っておいても5GHzにつながっているものだと思いこんでいました。電波干渉の少ない5GHzがデフォルトで選ばれていると思ったんです。

ところが、先日からWi-Fiの速度を速めようと色々と調べているうち、「あれ、そう言えば、そもそもウチの電波は5GHzでつながっているのかな」と疑問を持つようになりました。すぐにネットで調べてみると、やはりというかなんというか、全然そんなことはありませんでした。5GHzへつなげるためには、MacからAirMacを設定しないといけなかったのです。

参考
【AirMac】超高速 802.11ac を利用するための 5GHz 帯域使用設定方法 〜iPhone と Mac からの設定〜

いやー、思い込みというのは本当に危険です。これはダメだとネットの情報を見ながらルーターの設定を行い、無事、5GHzを利用できることになりました。すると当然のことながら、速度は一気に上昇しました。これをやるのに掛かった費用は0円です。単純な話、ただ設定をしていなかっただけで、低い速度のまま長期間使っていたことになります。

このように、知らないまま使って損をしているみたいなことは、まだまだ身の回りにありそうです。これはもう、ただもったいないだけということになりますので、同じようなものがないか気をつけたいと思います。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。