検証の末、ブラウザはChromeで統一することにしました

作業の高速化を考えて、ブラウザをChromeかFirefoxのどちらかにしようと思って試してみました。一週間ぐらい試すつもりでしたが、一日で結果が出ました。Chromeを使っていくことにします。

その理由は明確です。Firefoxはスマホ版とタブレット版が使いづらいんです。単純な話、ブックマークを選択する時に階層が深いんですね。iPhone版のChromeの場合、右上のボタンを押してメニューからブックマークを選択。するとリスト上のブックマークが出現します。「右上のボタン→ブックマークボタン」の2アクションでできます。

一方、Firefoxはどうか。右下のボタンを押して、メニューからブックマークを選択。ここまではChromeと同じです。さらにデスクトップ版のブックマークというボタンを押します。これで終わりかと思いきや、さらにブックマークツールバーというボタンを押します。これでようやくリスト形式のブックマークが出現します。

まったく、階層が深すぎます。「右下のボタン→ブックマークボタン→デスクトップ版のブックマーク→ブックマークツールバー」と4アクションも必要になります。ちなみにSafariは検索窓をタップするだけの1アクションです。Safariより速度の速いChromeは2アクション。Chromeと同じくらいのスピードのFirefoxは4アクションです。速度優先にするなら、どう考えても最適なのはChromeです。

Firefoxはなぜここまで深い階層にしているのでしょうか。ちょっと意味がわかりません。iPad版も同じようにブックマークまでの階層が深いため、Chromeを使うことにしました。

PC版の使い勝手は同じような感じなので、気分転換にFirefoxも使うかもしれません。でもおそらく、すべてChromeで統一します。同じものを使ったほうが操作が迷いませんよね。

この先、SafariがChromeのスピードを追い抜くかもしれません。なのでMacやiPhoneのメジャーアップデートがあった時は、一応Safariのスピードも確認してみます。色々と試してみましたが、検証結果はとりあえずこんな感じでした。