アップルウォッチ+Suicaの支払いが楽ちんすぎる

アップルウォッチのシリーズ2を持っていれば、アップルペイを使うことができます。使ったことのある人はおわかりだと思いますが、アップルウォッチ→アップルペイのコンボは凄まじく便利です。

なぜ便利かというと支払いの際に、

・財布を出す必要がない
・スマホを出す必要がない

この2つが実現するからです。人間というのはものぐさなので、一つでも行動をショートカットできると楽に感じます。手首につけっぱなしの端末をレジへかざすだけで支払いが終わる。これを一度体験すると、現金やクレジットカードで支払うのが億劫に思えるようになります。

ただ自分は西日本の地方都市に住んでいるため、Suicaを利用する習慣がありません。自家用車での移動が中心で、電車やバスに乗ることもめったにない。日常で交通系の電子マネーに馴染みがないんですね。

なのでアップルペイもIDやQUICPayばかり使っていました。でもこの2つで支払いをするためには、アップルウォッチの電源ボタンを二回押して、使えるように起動させなくてはなりません。それがちょっと手間に感じていました。

ところがよく考えたらSuicaは交通系の電子マネーのため、起動させずとも優先的に使えるよう設定が可能なんです。ためしにコンビニでの支払いをSuicaでやってみたところ、なんの操作も必要なくただ手首を所定の位置へ近づけるだけでピピッと終了。驚くほど楽ちんでした。

交通系のICはリアクションよくなるよう調整してあるのか、ちょっと近づけただけで一瞬で終わりました。これはかなり便利ですねー。

もともと便利だと思っていたアップルウォッチでの支払いですが、さらに利便性が高まりました。なくなった際にチャージの必要がありますが、トータルではIDなどよりもSuicaでの支払いがいいと思います。これからは「アップルウォッチ+アップルペイ+Suica」のコンボを使っていきます。