最近はブラウザ上に直接文章を書いています

ブログを書く時には、いつもUlyssesというテキストエディタに書いてからWordPressの投稿ページへコピペしていました。

どうしてそうしていたかというと、ブログに限らずテキストのほとんどをこのアプリで書いているため、単純に慣れているからというのが一つあります。もう一つはクラウドに自動保存されるため、書いている途中に何かしらトラブルがあったとしても文章が残っているという安心感があるのです。

この2つのうち、どちらかと言うと二番目の理由のほうが強いです。これまでブラウザ上のテキストボックスに文字を書いていて、いざ更新ボタンを押すと「エラーが出て、書いた文章がすべて消えてしまった…」ということを数回経験しているんですよね。インターネット接続が切れた場合、更新ボタンを押すと書いていた文章はなきものになってしまうという悲劇があります。

でも最終的に投稿ページへコピペするのであれば、どう考えてもブラウザ上に直接書いてしまったほうが速いです。ということで時短の一環で、最近は投稿画面へ直接ブログの文章を書くようにしています。WordPressはCommand+Sを押せば保存してくれますし、一分ごとに自動保存もしてくれます。まあもしものことがあったとしても、それほど致命的なことにはならないかなと。

特にWordPressの場合は「集中執筆モード」というボタンがあって、それを押せば画面上の余計なものが一時的に非表示となり、集中して文字を書けるという機能もあります。

ブログ更新はなんだかんだと毎日続けていることなので、少しの時短でも年間で結構な時間の節約になります。無理のない程度に無駄なことを省いていきたいと思います。