音声入力でブログを書くことにします

今日からブログを音声入力で書いてみることにしました。まあどうなることやらですが。あんまり上手くいかないようであれば、キーボードに戻したいと思います。

どうして急に音声入力を始めたかというと、今日、文章の書き方をお教えするという仕事をとある企業さんでしてきました。その冒頭で、「これからは音声入力が主流になると思います」というお話をしました。

実際の話、あと10年も経てばキーボードより音声入力で書く人の方が多くなっていると思います。

デジタルネイティブ世代は、パソコンよりスマホの方が触れている時間が圧倒的に長いですよね。彼らにとってはキーボードで文字を打つより音声入力で書いていくほうが、すでに自然なことでしょう。

その流れは時間が経つほどに大きくなっていって、ついにはキーボード派を音声入力派が逆転してしまうのではないかと。

でもそんな話をしつつ、「あれ、自分は音声入力やってないよな」と思いまして…。

いちど試してはいるんですが、文章を考えるスピードと文字になるスピードがうまく自分の中でしっくりこなくて、すぐにキーボードに戻してしまったんですね。

試したのはその1回きり。自分で音声入力の時代になるといったのだから、もっと試してみないとダメだよなと改めて思った次第です。

最近、noteでけんすうさんの下の記事を読んだのも刺激になりました。

音声入力をすることのメリットとして、入力スピードの速さをあげられています。自分も一日に文字をたくさん打つので、少しでも早く打てるのであればそれにこしたことありません。

しばらく自分でも試してみて、本当に向いてないようであればやっぱりキーボードに戻そうかなと。

何事も試してみないとわかりませんよね。ということで今日の文章は全て音声入力で書いてみました。そして結構、キーボードで直しました…。明日も引き続きやってみます。