小さいけれど大きな出来事

2018-01-28 22:22

独立して6年半が経ちました。創業からこれまでの間、ずっとブルーデザインという屋号を使ってきましたが、今日でやめることにしました。

 

そもそもなぜブルーデザインという名前にしたかというと、創業当時は自分とデザイナーの2人でデザイン事務所としてスタートしたからです。

 

屋号に「デザイン」と付いていれば、デザイン事務所とすぐ分かってもらえるだろう、そんな安易な考えだったんですね。ちなみに「ブルー」は好きな色から取りました。これまた安易です…。

 

 

その後、時が流れ、一昨年の夏にデザイナーとは別々に仕事することとなりました。今でもデザインの仕事が入れば組んで行ないますが、互いに別々の個人事業主としてやっていこうとなったのです。

 

その結果、ブルーデザインは自分ひとりになりました。そして当然ながら、初対面の人は僕のことをデザイナーだと思うんですよね。「デザイン」と屋号についているため。

 

自分は文章と写真で勝負する人間です。デザイナーに転向はしません。「これはちょっとマズイな」と。いつか事務所名を変更しなくちゃと思うようになりました。

 

 

そうして月日が流れるうち、去年の中頃からtwitterやInstagramのプロフィールに自分の名前を書くようになりました。ニックネームではなく自分の名前で発信をしていこうと思ったのです。もっと発信する際にリスクを取りたくなったんですね。

 

そうなるとわざわざ新しい事務所名を考えずとも、自分の名前のまま活動していけばいいんじゃないか。一人で仕事しているのに事務所名があると、ちょっと印象がブレるな。実名だけでやっていこうという気持ちが強くなってきました。

 

ということで、年が明けてから色々と新しいことを始めるなかで、「事務所名をやめてみる」という選択もとってみることにしたのです。

 

 

Facebookに作っていたブルーデザインのFacebookページも削除しました(「いいね」くださった方、すいません!)。ウェブサイトからBlueDesignという文字を取り、Twitterのアカウントも事務所名から個人名へ変更しました。リスタートです。

 

創業したときは自分がどんな未来を描いていきたいか、いまひとつイメージが持てませんでした。単純に独立して食べていければいい、ともかく食べていくのが1番最初の目標、そう考えていました。

 

そして何だかんだと7年目に突入し、食べていくだけのステージからもう一段階ステップアップしたいと今は考えています。事務所名をやめることは、そのための行動の一つです。

 

これまで使っていた事務所名をやめるのは、世間的にはなんの影響もないことですが、まあ自分にとってはそれなりに大きなできごとです。これからは自分の名前を文字通り背中に背負い、文章や写真を使ってどんどん発信していきたいと思います。

 


Category:未分類

tags:



«
»