書けないときには、粘るしかない

こうしてブログやnoteへ文章を書いていると、書くことが浮かばない日というのがあります。

「書くことのあるときに書く」というスタイルならいいのですが、ブログは毎日更新・noteは週一更新を自分に課しています。自分との約束は守りたい(というか誰との約束も守りたい)ので、書くことがなくとも更新しなくてはなりません。

でもキーボードを手に置いても、何も浮かばないときがあるんです。そういうときはどうするか。

それはもう粘るしかありません。

結局、文章というのは、書きたいことがなければ潤いは生まれないんです。なんとか文字数を稼ぐことができても、読んでみておもしろいものには絶対ならない。

自分の中に書きたいことがあってそれを掘り当てなければ、無理やり書いても辛くなるだけなんです。

ではどうするか。繰り返しますが、粘るしかありません。闇雲に書いてもしょうがない。書きたいことの取っ掛かりだけでも出てこないかと、白紙のエディタを見つめながら粘り続けます。

自分の経験で言えば、粘ってみて出てこなかったことは一度もありません。書きたいことと言うのは、何かしらはあるんです。それに気づいていないだけ。

「書きたいことがある」というのは、「聞いてほしいことがある」のと同じです。

人は誰でも、聞いてほしいことを絶えず持っています。持って入るんだけど、「果たしてそれは、文章という整った形式にする価値があるのか」、実は書きたいことが浮かばないときは、その境界線で悩んでいることが多いんです。

自分にできることは、普段から書きたいことを溜めるために、何に対しても考察を怠らないことです。これをサボると、すぐに書くことが枯渇していまいます。