ブログ更新が450日を越えました。なぜ連続で書けているのか、自己分析しました

2018-02-22 21:39

ブログの連続更新が伸びています。昨日で、458日連続になりました。記事の総数が1085なので、半分近くを連続投稿で埋めたことになります。

 

基本的に、自分は何事も続いた試しがありません。生まれてこの方、続けていることといえば、歯磨きぐらいだと思います(まじで)。

 

そんな飽き性の自分が、どうして1年半も欠かさず続けられているのか。少し自己分析してみます。

 

 

毎日、更新をしてみようと思ったのは、実は2014年暮れのことでした。当時は朝起きたら一番最初にすることをブログ更新にしていました。

 

なぜブログ書きを朝一番に持ってきたかというと、そのときの自分にとって最も重要な事柄においていたからです。朝起きてすぐは頭の中がクリアなので負荷の高いことをやれますよね。その大事なゴールデンタイムにブログ更新を持ってきたわけです。

 

でもこの試みは失敗しました。早朝から撮影が入っているときにはどうしても夜に書かざるを得なかったんです。

 

かといって夜は撮影の疲れが残っていて、文章を書く気になれない。そんな感じで、連続更新は10日ぐらい続いては途切れるというのを繰り返していました。

 

 

その後、きっかけは忘れましたが朝書くのをやめにして、時間帯を夜に移行してみました。するとなぜかあまり負荷を感じずに書くことができました。日中に撮影が入っていても、夜に書く習慣ができたのでそれほど苦に感じません。

 

そうなんです。結局は書く時間帯を夜にしたことで、連続更新を無理なく続けられるようになったのでした。

 

これはなぜだろうと考えるに、日中に仕事をしたり人に会ったりしていると、色々考えることが出てくるんですよね。考えを巡らせたまま、いざ夜になってキーボードに手を置いてみると、わりとすらすら文章が出てくるんです。

 

 

後は、だんだん良い感じに肩の力が抜けてきたというのもありますね。朝に書いていた頃の文章を読み返すと、「ものすごく力が入っているなあ」と思うんです。

 

そのころはおそらく、「PVを稼いで有名ブログになってやる」みたいなことを多少なりとも考えていたのだと思います(あんまり覚えていませんが)。

 

肩に力が入ると、何事も続きません。今は読みやすくわかりやすく書くことを考えてはいますが、「バズらせよう、バズってほしい!」という気はまったくありません。そもそも書いていることにバズり要素がなさすぎる…。

 

 

まとめると、連続更新できるようになった理由は2点ありました。1・書きやすい時間帯に移行した。2・肩の力を抜いてリラックスできている。この2つです。

 

ブログを毎日書いてみたいという方が入れば、何かしら参考になれば幸いです。

 


Category:執筆

tags:



«
»